小籠包(しょうろんぽう) ~ 台湾トップ10小籠包ランキング

台湾と言えば小籠包。でも実は・・・

台湾と言えば小籠包、小籠包と言えば台湾。

初めて、台湾に行ったときは小籠包は、台湾料理かと思っていましたが、実は上海料理がその元だそうです。
台北でも、特に特別なものではなくてどこでも食べられる料理だったと思います。

ただ、鼎泰豊(でぃんたいふぉん)だけは当時すでに「世界10大レストランの一つ」に選ばれた有名店として別格で、今と同じように観光客が入口前に群がっていました。
いつも30分~40分は待たされたと思います。

店の横の永康街の角を曲がったところに、これも上海料理の有名店「高記(かおじー)」がありましたが、ここはそんなに人が群がることもありませんでした。

台湾人の同僚に言わせると、鼎泰豊も高記も値段が高すぎる、なぜ日本人は鼎泰豊ばかり行くのか?と不思議がっていました。

でも、観光客が有名なところに集中するのは、これは仕方ないですよね。

どこの小籠包がおいしいか?・・・

私自身、小籠包を食べ歩いたというほどではありませんが、私の結論は、有名店で食べても、夜市の屋台で食べても、出来立てのアツアツであれば文句なくおいしいと思います。

店頭で蒸籠(せいろ)を積上げて、湯気が勢いよく蒸している店で、蒸し立てを食べる。
これは間違いなくおいしいと思います。冷めないうちに食べましょう。

朝、少し早起きしてホテルの周りを歩いて見ると、きっと豆漿(とうじぁん=豆乳)や、生煎包(しぇんじえんぱお)、小籠包などを朝食として食べさせる食堂や屋台があると思います。

参考情報: 台北華国大飯店 インペリアルホテル をご覧下さい。
ホテル近くの農安街の朝食屋台の様子です。

前回行ったのは、京鼎楼(じんでぃんろう)と杭州小籠湯包(はんじょうしゃおろんたんぱお)

前回、前々回は、あまり時間もなかったので鼎泰豊高記には行かず、杭州小籠湯包と京鼎楼に行きました。

京鼎楼,小籠包
京鼎楼。この店は、鼎泰豊に勤めていた職人が始めた店だそうです。

(参考情報:「京鼎楼」 をトリップアドバイザーで見る。)

味は間違いないと思います。この時は6人で行ったのでいろいろな種類を頼めてよかったです。

手前から時計周りに、海老シュウマイ、蟹肉小籠包、ウーロン茶小籠包、小籠包です。
このウーロン茶小籠包は、後述しますがネットの投票で特別賞を取っています。

写真には写っていませんが、シジミのニンニク醤油漬け、これはビールを飲む方は是非注文してみてください。きっとビールに合うと思います。

杭州小籠湯包,小籠包
中正紀念公園東門側の、杭州小籠湯包です。
(参考情報:杭州小籠湯包をトリップアドバイザーで見る)

ここも味は間違いないと思います。
昼ちょっと前に行ったんですが満員でした。

ここでは、小籠包と小菜。小菜は自分で美味しそうなものを取ります。
他に、焼き餃子とチャーハンか何か頼んでいたと思います。
店を出て角を曲がったところに、ヘチマ小籠包で有名な盛園絲瓜小籠湯包があります。

台湾10大小籠包ランキング・・・

「蒸し立てがおいしい」だけでは、あまりにもおざなりなので、ちょっと古い(2013.8)ですけど、台湾のサイトが実施した「全台湾十大人氣小籠包」についてお知らせします。

選出方法は、ネット投票者65万人と美食批評家・記者、美食ブログなどを総合的に評価してきめたそうです。
参考情報:軽旅行 旅行情報(中国語)

第一位:「點水樓 」(南京店)(でぃんしゅいろう)

「點水樓」の小籠包は「皮薄肉細緻」皮の折り目はきちっと「十九」で「ネット投票1位」だけでなく「美食専門家も一致推薦」した「おいしさ」「小籠包的美味精華」を食することが出来る。かなり、ベタ褒めの印象です。

第二位:「鼎泰豊」(でぃんたいふぉん)

「近年」「國內小籠包的代名詞」となった「鼎泰豐」。「海外拠点」も多く、名声は遠くまで伝わっている。弟子の指導も良く、独立した弟子たちも高い評価を得ている。

第三位:「正好鮮肉小籠包(宜蘭)」(じぇんはおしぇんろうしゃおろんぱお)

宜蘭に行ったときには「必訪之一的名店」となった。「新鮮豬(豚)肉」と「著名的三星ねぎ」を「混合」した餡が美味。「一籠10個」わずか「60元」の価格がネット投票者の心をつかんだ。台北・通化街に支店あり。

これ以後は、

4位「杭州小籠湯包 」(はんじょうしゃおろんたんぱお)

「路邊攤(屋台)」から商売を開始、現在「二軒の店」までになった。皮が薄くて、肉汁も多い。

5位「明月湯包 」(みんゆえたんぱお)

「日本雜誌」が競って取材に来る。「黑豬(豚)後腿(もも)肉」を使用し、「輕輕一咬(軽く一口噛めば)」すぐにデリケートな肉汁が「流出」。グルメの「最愛的美味之一」となった。

6位「盛園絲瓜小籠湯包 」(しぇんゆぇんすーぐあしゃおろんたんぱお)

「台灣產的絲瓜(ヘチマ)」使用にこだわり、「溢出的鮮甜湯汁(溢れ出るスープ)」が「小籠湯包」のなかで「完美融合」している。美食ブログでも「さっぱりしてとても美味しい」「一人」で「一籠」完食出来る、と絶賛。

7位「上海好味道小籠包(台南)」

台南で20年,「材料」の良さが「美味しさ」。ネットでも好評。

8位「小上海阿和小籠包(南投県)」

ショウガ粉末入り「肉餡」の香りがよく、「小籠包6個 60元」とコスパの良さも魅力。

9位「海草健康館(台東)」

「每日限量現場製作」する「海草粉」を「小籠包の皮」に混ぜ、「內餡にも雞肉」を入れ脂肪を減らし、美味しさだけでなく「顧客健康」にも配慮。「一天(日)50籠」限り。

10位「京鼎樓 」(じんでぃんろう)

「獨創的烏龍茶小籠包」は特別賞獲得。「梨山烏龍茶」を使用し「茶粉が麵皮と內餡」中で「綠色」になり食欲をそそる。「鮮肉的湯汁(スープ)」と「茶的甘香」が口中に「滿溢」する。「茶の脂肪分解作用」でいくら食べても油っこくなく胸焼けしない。

審査員特別獎として、
「京鼎樓-烏龍茶小籠包」:「獨創的烏龍茶小籠包」には、「梨山烏龍茶」使っており,「皮や肉餡」も緑色になって食欲をそそる。

「三源中華料理小籠包-金箔小籠包」: 最高級の「ホタテ貝や新鮮蝦や金箔」を使用し,豪華一籠600元。美食専門家が、「小籠包界」の「トップブランド」と呼んだ。(閉店)

本当に、いろいろな特色のある小籠包ありますね。是非、美味しい小籠包をお楽しみください。

参考情報:台北のグルメ

【広告】世界利用者数No1のオンライン旅行会社エクスペディアで、国内・海外のホテル・ツアーを安く利用。

参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利