5/21 更新:台湾関連のいろいろ情報

[広告]

台湾や日本国内外での台湾関連のニュース、記事にならないようなもの、雑学的なもの等を拾って書いていこうと思いますぜひちょこちょこ覗いてみてください。

九份のライブ映像」ライブ配信中


台湾旅行関連のブログランキングに参加しています。
よかったら「台湾旅行」「台湾旅行人気ブログランキング」を
クリックして応援していただければうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ   


目次

(5/20) 頼新総統「民主主義、平和、繁栄」掲げる

(台北中央社)頼清徳(らいせいとく)新総統は20日の就任演説で、「『民主主義、平和、繁栄』が台湾の国家路線であり、台湾と世界の結びつきだ」と述べた上で、世界各国との協力関係をさらに深化させていく姿勢を強調した。(記事全文



(5/5) 働く台湾女性らと台南市、関西の児童施設などにパイナップル寄付

(台南中央社)働く台湾女性でつくる団体「世界華人工商婦女企管協会」の日本関西分会と南部・台南市政府は5日までに、関西の児童養護施設や高齢者施設、子ども食堂などに同市産パイナップルを贈った。国の垣根を越えて思いやりや応援の気持ちを届けると共に、台日友好の促進にも期待する。(記事全文



(5/4) 総統就任夕食会 メニュー発表 国産食材使用 タピオカミルクティーも

頼清徳(らいせいとく)次期総統と蕭美琴(しょうびきん)次期副総統が、20日に就任する。就任準備会は3日、南部・台南で開催する公式夕食会で提供する食事のメニューを発表した。国産の食材をふんだんに使っており、台湾名物のタピオカミルクティーも登場する。(記事全文



(4/30)新北市で「アブラギリ祭り」始まる 客家人を象徴する白い花

台湾を構成するエスニックグループの一つ、客家人のシンボルとされる花「アブラギリ」。市内に花見スポットが点在する北部・新北市は複数の区公所(役所)と共同で「新北市客家アブラギリ祭り」を主催し、客家文化のPRや観光客の呼び込みを行っている。(記事全文)

参考:新北市、5/31まで客家アブラギリ祭り開催



(4/30)自民党青年局の訪問団、蔡総統や頼次期総統と面会 頼氏、協力強化に期待/台湾

(台北中央社)訪台中の自民党青年局の訪問団は30日、蔡英文(さいえいぶん)総統と頼清徳(らいせいとく)副総統に台北市の総統府でそれぞれ面会した。来月20日に総統就任を控えた頼氏は、総統就任後には日本と各方面での協力を強化し、双方の市民感情を深めていければと期待を寄せた。(記事全文

(4/20) ドラァグクイーンの米コンテスト番組 台湾人参加者が優勝 

(台北中央社)米国時間19日に放送された、きらびやかなメークと衣装をまとうドラァグクイーンのコンテスト番組「ル・ポールのドラァグ・レース」の最新回で、台湾人参加者のニンフィア・ウインドさんがシーズン16の優勝に輝いた。台湾人が頂点に立つのは初めて。蔡英文(さいえいぶん)総統は台湾時間20日、同番組のインスタグラムを通じて祝福のコメントを寄せた。(記事全文


(4/19)京都で台湾文化発信イベント(5/11~12) 

(台北中央社)京都で来月開催される台湾文化の発信イベント「TAIWAN PLUS」。5回目となる今年は南部・嘉義県の新港奉天宮で祭られる航海の女神、媽祖をはじめとする神々が特別に加わり、台湾の宗教文化を日本の人々に紹介する。

マーケットには100を超えるブランドが集結。タピオカミルクティーや豆乳スープ「鹹豆漿」(シェントウジャン)などの台湾グルメを味わえる。(記事全文



(4/12) 観光署が「台湾安全宣言」 署長らが東京でPR 訪台呼びかけ

(東京中央社)台湾東部海域で3日に発生した地震の影響で日本からの訪台予約が一部キャンセルされる中、交通部観光署(観光庁)と台湾観光協会は11日、東京都内で台日の旅行業者を集めたセミナーを開催し、「台湾安心宣言」を発表した。被災した東部・花蓮県タロコ(太魯閣)の一部地域を除き、台湾の日常生活やイベントは通常通りに運営されていると強調し、訪台を呼びかけた。(記事全文

(4/13) 阿里山鉄道、7月に全線復旧へ 度重なる台風被害から15年ぶり復活

(嘉義中央社)農業部(農業省)林業・自然保育署(林業署)は9日、2009年の台風などで被災し、一部区間で不通となっていた、阿里山林業鉄路について、7月1日に全線復旧する見通しを発表した。復旧は15年ぶり。景勝地・阿里山の軸として、地域の国際観光の発展に期待が寄せられている。

同鉄道は南部・嘉義を中心に走る。日本統治時代に建設され、当時は阿里山の材木を運搬。現在は観光鉄道として運行されている。(記事全文



(4/11) 台北市のレストランバスに新型車両 高級ホテルの食事を提供 優雅さ演出

(台北中央社)台北市で運行されている2階建てバスを使ったレストランバスの新型車両が10日、報道陣にお披露目された。優雅な車内で風景を見ながら高級ホテルの食事が楽しめる。

レストランバスは2021年12月に運行を開始した。台北市政府観光伝播局は国内外から多くの利用があるとし、便利で優雅に台北への認識を深められるとアピールする。(記事全文

※  KLOOKトラベルで販売しているようです。
  台北レストランバス × リージェント台北 アフタヌーンティー



(4/9) 馬前総統、万里の長城で抗日歌熱唱 感極まり涙拭う場面も

(北京中央社)中国を訪問中の馬英九(ばえいきゅう)前総統は9日、北京の万里の長城にある観光スポット「八達嶺」を訪問した。同行者らと抗日戦争中に作られた楽曲「長城謡」を熱唱し、感極まった馬氏がハンカチで涙を拭う場面も見られた。  (中略) 馬氏は抗日歌の熱唱後「小学生の頃から歌っていた」とし、感動したと振り返った。(記事全文

※ 台湾人が一概に親日的とは言いきれないのは、こういう日本に対して良くない感情を持っている方がいるということからも分かります。

馬英九氏は、外省人で国民党のトップで台湾の総統だったときは、そんな素振りは見せませんでしたが、総統選挙で民進党に敗れるとてのひらを返したように態度がかわりました。他に時々ではありますが、日本統治時代の文化遺産などが壊されたりすることもあるようです。 (mtchang)

参考投稿:台湾の人は、親日的か?



(4/2) 日本最大級の台湾カルチャーフェス「TAIWAN PLUS」が京都で初開催決定!!

文化総会主催の日本最大級の台湾カルチャーフェス「TAIWAN PLUS」が5月11日、12日に京都で初開催が決定しました。「京都新宝島」というタイトルが付けられた同イベントは京都府と誠品生活、(株)日本サルベージサービスの共催で行われます。(記事全文)

◆名 称:TAIWAN PLUS 2024
◆日 時:2024年5月11日(土)、12日(日)11:00 〜 18:00
◆会 場:京都市勧業館 みやこめっせ(第3展示場)
◆入場料:無料



(4/02) パスポート申請で台湾航空券割引 観光署が抽選キャンペーン 日本人客呼び込み図る

(台北中央社)交通部観光署(観光庁)は1日、パスポート(旅券)を新規申請・更新する日本人に対し、日本と台湾間の往復航空券を抽選で5000円割り引くキャンペーンを開始した。総勢4000人に当たる。割引は台湾系航空会社4社で利用できる。日本人のパスポート保有率が2割に満たないことから、取得を後押しすることで日本人旅行者の呼び込み拡大を図る狙いがある。(記事全文

キャンペーンへの応募はこちら



(4/01) 台湾行きたい人 集まれ♪ 「2024台遊館 in 渋谷」4/13-14、2日間限定の台湾観光プロモーションイベント開催!

4/13から4/14の2日間、渋谷ヒカリエホールAにて、台湾観光庁による2日間限定の観光プロモーションイベント「2024台遊館 in 渋谷」を開催!
楽しい、おいしい、元気で盛りだくさんのおトクなプログラムを用意して、台湾に行きたい!行ってみたい!!と思う皆様に向けて、観光界を筆頭に各界の台湾観光応援団が一丸となって台湾の魅力をお届けします。

■2024台遊館in渋谷(入場無料)

・開催日:2024年4月13日(土)~14日(日) 
・時間:11:00~18:00(最終日は17:00迄)
・会場:東京・渋谷ヒカリエホールA(9階)
旅行特典情報のお知らせや、特別トークショーの優先予約プログラム、航空券や宿泊券が当たるイベンなども開催。



(3/21) 第16代正副総統就任記念コイン、金貨は過去最高値に

中央銀行は20日、中華民国(台湾)第16代正副総統就任記念コインの詳細を発表した。頼清徳次期総統と蕭美琴次期副総統の肖像画が描かれた金貨と銀貨で、そのうち金貨の発行枚数は1万枚、販売価格は金の高騰の影響を受け、過去最高値の7万2,000台湾元(約34万日本円)となる。

銀貨の発行枚数は5万枚、販売価格は1,800台湾元(約8,500日本円)。これまではオンライン予約と窓口での直接購入のいずれかを選択できたが、今年はオンライン予約のみとする。

予約は3月30日午前10時から3月27日午後11時59分59秒までとし、予約数が発行枚数を越えた場合は28日にコンピュータによる抽選を行う。当選者は4月9日15時30分までに支払いを済ませ、5月20日の就任式典以降、1か月以内に指定した台湾銀行の支店で商品を受け取る。(中央社)



(3/19) 高雄の大学、学生に補償金支給を試験実施 サルの食べ物強奪被害多発で

南部・高雄市の中山大学はこのほど、キャンパス内に出没するタイワンザルが学生に与えた損害の補償として1食につき最高で100台湾元(約470円)を支払うとの告示を発出した。サルに食べ物を奪われる学生が相次いでいることを受けての措置。(記事全文



(3/19) 野生動物や野鳥に餌やり、最高約2万8千円の過料 台湾南部の文化施設

南部・屏東県政府は18日、同県屏東市にある文化施設「屏東書院園区」で野鳥や野生動物に餌をやることを禁止したと発表した。違反者には県管理自治条例違反で600~6千台湾元(約280~2万8千円)の過料が科せされるとしている。(記事全文



(3/19) 楽天ガールズ総勢34人 総監督「台湾最強のチアリーダーつくる」

楽天モンキーズの総監督(総隊長)に昇格した籃籃(手前中央)ら

(台北中央社)台湾プロ野球・楽天モンキーズのチアリーダー「楽天ガールズ」が18日、台北市で春季トレーニング記者会見を開き、今年のメンバー34人をお披露目した。総監督(総隊長)の籃籃は、台湾最強のチアリーダーをつくりたいと意気込んだ。(記事全文



(3/16) 台湾・台北市の大安森林公園で「ツツジ祭り」

「台北ツツジ祭り」が開かれている、台北市大安区の大安森林公園で、ツツジが見頃を迎えている。ピンクや紫、白色などの鮮やかな花が、訪れた人に癒しを与えている。フェスティバルは31日まで。(記事全文



(3/13) 【バーミヤン】“専門店の味”や“屋台グルメ”がバーミヤンに大集結!本格台湾料理を満喫する『台湾展(タイワンフェア)』

株式会社すかいらーくレストランツ(本社・東京都武蔵野市、代表取締役社長 中島 尚志)が運営するバーミヤンでは、2024年3月14日(木)より期間限定で、台湾全土に約100店舗を展開する「潮味決(チャオ・ウェイ・ジュエ)」との初コラボによるメニューや、本場の台湾屋台グルメを展開する『台湾展(タイワンフェア)』を実施いたします。

『台湾展』URL:https://www.skylark.co.jp/bamiyan/menu/fair/index.html

【バーミヤン 『台湾展(タイワンフェア)』 ポイント】
① 本場台湾の名店「潮味決(チャオ・ウェイ・ジュエ)」と日本初のコラボ!超本格的な4種類の麺を提供。
② 食のトレンド“台湾”の本格グルメをバーミヤンで!定番人気の「魯肉飯(ルーローハン)」のほか、屋台人気グルメ「蚵仔煎(オアチェン)」など、新メニュー全15品が登場!
※台湾をイメージした商品です

■対象店舗 バーミヤン全店 

■対象期間 2024年3月14日(木)〜2024年5月15日(水)

※対象期間は予定、予告なく販売を終了する場合がございます 

(プレスリリース全文)



(3/12) 台湾で撮影の「ソロ活女子4」、13日に全12話一挙配信

(台北中央社)台日共同制作ドラマ「ソロ活女子のススメ4」全12話が13日、日本と台湾の動画配信サイトで一挙公開される。主演の江口のりこが、南部・高雄や台南から、北部の平渓(新北市)、九份(同市)まであちこちに「上陸」する。(記事全文



(3/11) 台南開催の台湾ランタン祭り閉幕 1500万人超が来場 来年は桃園で

(台南中央社)南部・台南市で開かれていた「台湾ランタンフェスティバル」(台湾灯会)が10日、閉幕した。交通部観光署(観光庁)と共同で主催した台南市によれば、来場者数は36日間で延べ1500万人を突破した。来年は北部・桃園市で開催される。

同フェスは毎年旧暦1月15日の元宵節に合わせ、開催地を変えて行われる。今年で35回目を迎えた。16年ぶりに台南での開催となった今回は、台湾高速鉄道(高鉄)台南駅近くの高鉄会場と、運河沿いの安平会場の2つの会場で開かれた。(記事全文



(3/11) 台湾プロ野球・統一 チアリーダー新メンバーに日本人2人

(台北中央社)台湾プロ野球の統一ライオンズは10日、公式チアリーダー「Uni Girls(ユニガールズ)」に、日本人のChihiro(千紘)さんとNozomi(希美)さんの2人が新たに加入すると発表した。2人は球場で応援できる日を心待ちにする気持ちを示した。(記事全文



(2/23) 「自分は中国人」割合、過去最低の2.4%=台湾意識調査

(台北中央社)台湾人のアイデンティティーなどに関する最新の意識調査結果で、自分を「中国人」と認識する人が2.4%と、調査を開始した1992年以降で最低となった。一方、「台湾人」と答えた人は61.7%で、前年比1.6ポイント減少したものの、4年連続で6割台を維持した。「両方」だと答えた人は前年比1.4ポイント増の32%だった。(記事全文



(2/24)  新北市で平渓天灯祭り2日目開催

(新北中央社)元宵節(旧暦1月15日)の24日、北部・新北市平渓で天灯(スカイランタン)を一斉に打ち上げる「平渓天灯祭り」(平渓天灯節)の2日目が開かれた。

参加者の祈りが込められた天灯計1350個が9回に分けて放たれた他、竜をかたどったメイン天灯2個などが打ち上げられた。(記事全文)

※  平渓天燈まつりには、私も行ってきましたので、まとめて投稿します

※ 2/24に天燈まつりに行ってきました。天燈上げの様子を御覧ください。
 ・第一回目の放灯   ・第二回目の放灯



(2/13) 人間そっくり?! クマの立ち姿が話題/台湾・高雄

南部・高雄市の寿山動物園で人気者のタイワンツキノワグマ「波比(仮訳ポッピー)」。その人間そっくりの立ち姿が12日午後、多くの来園者に目撃されSNSなどで話題を呼んでいる。

陳其邁(ちんきまい)高雄市長は13日、フェイスブックにクマの写真を投稿。「真っすぐに立つ波比。中にバイトの学生さんが入っているのではとみんなが議論している」とつづった。(記事全文

※ えー、これほんとに中に人が入ってるみたいですね!(mtchang)



(2/10) 蔡総統や頼副総統、台湾各地の寺廟でお年玉配布 参拝客ら長蛇の列

(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統や頼清徳(らいせいとく)副総統は旧正月(春節)の10日、各地の寺廟をそれぞれ参拝し、お年玉(福袋)を配布した。訪問先の寺廟には多くの人が詰めかけ、お年玉を手にしようとする人で長蛇の列ができた。(中略)

両氏が配布するお年玉は台紙に1台湾元(約4.7円)硬貨を貼り付けたもので、台紙には干支(えと)にちなんで竜のイラストが描かれている。(記事全文



(2/11) 台湾ランタンフェス安平会場、旧正月の来場者40万人超 開幕以来最多

(台南中央社)旧正月(春節)の10日、南部・台南市で開かれている台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)の安平会場(安平区)には40万人超が来場し、3日の開幕以来最多を記録した。台南市政府が11日、明らかにした。

この日の夜はドローン(小型無人機)500台と花火、光を融合させたショーも行われた。ショーは「憶台南」(台南を回顧)をコンセプトに、歴史、文化、多様な生活をそれぞれテーマにした3部作となっている。(記事全文



(2/7) 台湾鉄道 「天灯フェス」とコラボの記念弁当販売へ 

(新北中央社)台湾鉄路(台鉄)は6日、北部・新北市の平渓線沿線で17日と24日に平渓スカイランタン(天灯)フェスティバルが開催されるのに合わせ、15日から25日まで同イベントとコラボレーションした特別弁当を限定販売すると発表した。旬の食材を使っているとアピールしている。(記事全文



(2/3) 桃園空港のスマートトイレ管理システム、日本のJTAトイレ賞受賞

(台北中央社)台湾の空の玄関、桃園国際空港でサービスの向上を目指そうと、使用頻度の高いトイレにその利用状況を知らせるスマート管理システムを設置し、利用者に快適な環境の提供に取り組んでいる。

昨年は日本トイレ協会(JTA)が主催する「JTAトイレ賞」未来賞(維持・管理・運営部門)と一般投票賞(同)を受賞するなど、その努力が報われた。(記事全文



(2/3)  輝く巨大アヒル/台湾・高雄

南部・高雄市の愛河湾で展示されているオランダの芸術家、フロレンティン・ホフマンさんが手掛けた巨大なアヒルのパブリックアート「ラバーダック」。夜にはライトアップされ、幻想的に輝くアヒルの姿が見られる。2日夜にも多くの見物客が詰めかけ、会場周辺はにぎわった。25日まで展示される。

(董俊志/編集:齊藤啓介)


(1/26) 能登半島地震 寄付金口座に25億円超集まる 呉外相「無数の台湾の人々の厚意の表れ」

(台北中央社)外交部(外務省)は26日、能登半島地震の被災地支援のため、行政院(内閣)が衛生福利部(保健省)に指示して開設した寄付金口座に15日間で5億4000万台湾元(約25億4500万円)余りが集まったと発表した。呉釗燮(ごしょうしょう)外交部長(外相)は記者会見で、これらの寄付金は数字上の積み重ねというだけでなく、「無数の台湾の人々の深い情や厚意の表れ」だと述べた。

口座は民間からの寄付金の受け皿として開設された。受け付けは5日から19日まで行われ、寄付件数は13万4000件を超えた。(記事全文





(1/24) 台湾南部で撮影の「ソロ活女子4」 江口のりこ「今度は遊びで来たい」

(台北中央社)今年春に台湾でも配信されるドラマ「ソロ活女子のススメ4」台湾編のメイキング動画が24日、公開された。主演の江口のりこは撮影で南部の台南や高雄を訪れ、街並みやグルメを味わった。見たいところがたくさんあるのに次の場所にすぐに連れて行かれるのがつらかったと明かし、「今度は仕事ではなく、本当に遊びで来たい」と再訪を誓った。

同作はテレビ東京と台湾の通信大手、中華電信が共同で制作。第1話から3話までが台湾で撮影され、台湾編として放送、配信される。(記事全文



(1/17) コロナ簡易検査キット配布を2月下旬まで延長、新たに金門・高雄でも

 台湾では2月に旧正月(旧暦元日は2月10日)を迎える。世界的にも現在、新型コロナウイルスの感染が高止まりしており、台湾も流行の第5波を迎えている。

衛生福利部疾病管制署(台湾CDC)は今月3日より、桃園国際空港で出入国する旅客に新型コロナウイルスの簡易検査キットを無料で配布しており、これまでに延べ30.1万人に配布した。この措置は「旧正月休みが終わるまで」継続すると発表されていたが、疾病管制署の羅一鈞副署長は16日、2月下旬まで延長することを明らかにした。

さらに、17日からは高雄小港国際空港と金門(離島)の水頭ふ頭を追加。金門水頭ふ頭では午前9時30分から午後6時30分まで、高雄小港国際空港では午前8時から午後10時30分まで配布する。1人につき1箱で、1箱の中には4~5セットの簡易検査キットが入っている。(中央社)



(1/17) 台湾観光署、日本人のパスポート取得費用補助検討 台湾系航空会社利用で最大1万円

(台北中央社)交通部(交通省)観光署(観光庁)は16日、さらに多くの訪台日本人旅行者を呼び込もうと、新たにパスポートを取得し、台湾系航空会社を利用して訪台旅行する日本人に対し、航空券代を値引く形で取得費用を実質最大1万円補助することを検討していると明らかにした。修学旅行や初めて台湾を訪れる旅行客などに対する関連の優遇措置も検討しているとしている。(記事全文



(1/12) 能登半島地震 台湾が開設の寄付金口座、総額14億円超に

(台北中央社)衛生福利部(保健省)は12日、能登半島地震の被災地を支援するために開設した口座に集まった寄付金の金額が、11日時点で3億台湾元(約14億円)を超えたと発表した。

寄付金の受け付けは5日から始まり、19日に締め切られる。同部によれば、11日までの寄付件数は計8万3378件、金額は3億470万元(約14億2400万円)になった。(記事全文

※ これ見て、日本人として恥ずかしい思いがしました。寄付金のことは何も考えてなかったのに、台湾の方々がこんなに心配してくださるとは。本当にありがとうございます。(mtchang)(1/15)
※ 遅れ馳せながら、石川県に些少ではありますが支援金を送金致しました(1/16)



(1/13) 総統選/総統選、開票終了 民進党・頼氏が得票率40.05%で勝利 与党3期目へ

(台北中央社)13日に投票が行われた第16代総統・副総統選で、同日夜10時ごろ、全投票所の開票が終了した。中央選挙委員会の速報によれば、与党・民進党の総統候補、頼清徳(らいせいとく)副総統と副総統候補、蕭美琴(しょうびきん)前駐米代表(大使に相当)のペアが得票率40.05%、558万6019票を獲得し、勝利した。2期8年の蔡英文(さいえいぶん)政権に続き、民進党は1996年に総統選が民選になって以来前例のない3期目を迎えることになる。
記事全文



(1/9) 台湾・台南、米CNNの「2024年に訪れるべき場所」に選出 

(台南中央社)米CNNが2日に公表した2024年に訪れるべき世界各地の場所で、南部・台南市が24カ所の一つに選ばれた。ストリートグルメや自然景観などが評価された。同市の黄偉哲(こういてつ)市長は7日、報道資料を通じ、選出を喜んだ。

CNNは同市について、過去2年間にわたってホテルの稼働率が台湾で最も高い都市だと紹介。牛肉湯(牛肉スープ)や蚵仔煎(カキオムレツ)といったストリートグルメが台南ならではの魅力だとした。また景勝地「草山月世界」では別世界のような自然の風景が見られるとした他、塩田越しに望む夕日や彩り豊かな古い寺廟(びょう)なども紹介した。(記事全文





(1/10) 能登半島地震/謝駐日代表「台湾はいつでも支援する」 

(東京中央社)台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)は10日、新年会を開き、能登半島地震の犠牲者に1分間の黙とうをささげた。謝長廷(しゃちょうてい)代表(大使に相当)は取材に対し、地震発生後すぐに石川県内の自治体の首長にお見舞いの意と、必要であればいつでも支援することを伝えたと語った。(記事全文



(1/10) 馬前総統、海外メディアに「習近平氏を信用すべき」

(台北中央社)最大野党・国民党の馬英九(ばえいきゅう)前総統が8日、ドイツの国際公共放送ドイチェ・ベレのインタビューを受け、中国の習近平国家主席を信用しなければならないなどと発言した。関連記事は10日に公開され、与党・民進党は同日、記者会見で「社会の共通認識とかけ離れている」と非難した。(記事全文



(1/03) 台湾鉄道 新制服に批判噴出「北朝鮮の軍服みたい」 「日本を参考にした」

(台北中央社)国営台湾鉄路(台鉄)の一部駅で1日に導入された駅長の新制服を巡り、「北朝鮮の軍服みたい」、「美的センスに欠ける」などといった批判の声がインターネット上で相次いで上がっている。これに対し台鉄は3日、日本の鉄道会社の制服を参考にしたと説明するなどして違いを強調した。(記事全文



(1/06) 「頑張って日本」 タイガーエア台湾、能登半島地震被災地に送る支援物資を輸送

(台北中央社)台湾の格安航空会社(LCC)のタイガーエア台湾(台湾虎航)は5日、能登半島地震の被災地に送る支援物資6箱を地震後初めて運航された台北(桃園)発新潟行きの機体に積み、日本に届けたと発表した。箱には「頑張って日本 いつも応援します」とメッセージを書いた紙が貼られた。(記事全文



(1/05) 蔡総統、岸田首相の投稿に返信「早く日常生活取り戻せるよう願う」 能登地震

(台北中央社)岸田文雄首相は4日、自身のX(旧ツイッター)で、台湾から能登半島地震の被災地を支援するための義援金6000万円の寄贈が発表されたことに言及し、世界各地から多くの支援の申し出があったことに感謝の意を示した。蔡英文(さいえいぶん)総統は5日、この投稿に返信する形で「日本が平穏無事であり、被災地の人々が早く日常生活を取り戻せるよう願っています」と祈りをささげた。(記事全文)

問い合わせ・コメント