スポンサーリンク

拝拝(パイパイ) 〜 信心深い台湾の人たち

毎月2回、お供えしてお祀り

台湾の街を歩いていると、商店や家の前で果物やお菓子などのお供えをしてお線香を立てているのを見ることがあります。

この写真の履物屋さんの老闆(ラオパン 社長)にきいたところでは、商売をしている人は、毎月農暦(旧暦)の2日と16日に店の前にお供えして、商売繁盛をお祈りするのだそうです。

お供えの前のフタ付きのバケツのようなものは、この中で金紙銭(テーブルの右端に乗っている)を燃やすためのものです。

拝拝P1070174

 

海外旅行には必携のEPOSカード! 海外旅行傷害保険が自動で付帯

 

こちらは、美容院のスタッフが出てきてちょうど拝拝(パイパイ)するところを取らせてもらいました。

台湾人の友人にこの写真見せたら「お供えがショボいね」だそうです。

P1070172

 

通りを歩くと、あちこちの事務所の前にお供えがありました。

P1070181 P1070202

大きな会社でも拝拝(パイパイ)している

拝拝しているのは、町の商店だけではなく大きな会社でもしているようです。

この時ではありませんが、確か新光三越百貨店の入り口前でもやっているのを見た記憶があります。

この聯邦銀行でも、入り口前にお供えして、金紙銭を燃やしていました。

P1070178

 

銀行だからといって、本当のお金を燃やしているわけではありませんでした(当たり前!)

金紙銭は、こんな感じの物です。この金紙銭を燃やして天上の神様に送るのだそうです。

P1070180

楽天で台湾旅行の航空券・ホテルを探してみる

一般の家庭でも拝拝する

商店や会社では、農暦(旧暦)の2日、16日に行われますが、一般家庭では1日、15日に行うそうです。

住宅街を歩くことはあまりないので、家庭ではどのくらいやっているのかは分かりませんが。

たまに、あのフタ付きのバケツがアパートの玄関にあるのを見たことはあります。

 

まぁ、個人的な付き合いの範囲内での印象ですが、台湾の人は日本人よりも信心深い人が多いような気はします。

道教の教えや、風水などの考え方が根付いているからではないかと思います。

清明節(墓掃除の日)が、国民の休日になっているというのも、ちょっとへぇ~という感じがしませんか?

もちろん悪いことではないんですが、家族や一族の結びつきが強いということですからね。

 

町の食堂でも、「素食」という看板を出しているところが結構あります。

肉類を使っていない「ベジタリアン」食堂ですが、そういう信心をしている人もたくさんいるということだろうと思います。

P1060042

 

 

【広告】早割10%off実施中

台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ
 
モバイルバッテリーはANKER!

 

【広告】
【ルート自由自在 / 日本語ドライバー】北台湾・専用車チャーター5時間

【時間のない方向け】台北市内貸切チャーター車半日ツアー(4時間)

 

格安航空券を検索比較【スカイスキャナー】

お得なホテル簡単検索比較【トリバゴ】

コメント