新型コロナウイルスを検出できる検出システムの開発に成功~潜伏期でも1時間で検出

台湾の財団法人工業技術研究院(略称:工研院、ITRI)は、1時間以内に新型コロナウイルスを検出できる「核酸分子検出システム・疫開缶(イージーオープンエンドの中国語:易開缶に由来する)」の開発に成功した。

この検査装置の形は飲料缶に似ているほか、検査時間を従来の4時間から1時間に短縮でき、しかも潜伏期間から新型コロナウイルスを検出できる。精度は90%以上に達している。

飲料缶のような大きさの検査装置は僅か600グラム、従来の検査装置の57分の1しかありません。

国家衛生研究院やバイオ企業が発表した快速検査機器の比べて工業技術研究院が開発した「核酸分子検出システム」は、感染初期、体内のウイルスの濃度が低いときでも検体検査が可能で、その精度は90%に達します。

バイオ企業は、一滴の血液を検査プレートにたらしてA4の紙より小さい機器に入れて検査すれば12分で感染の有無を判断することが出来ます。

国家衛生研究院は、抗SARSコロナウイルス抗体の中から、新型コロナウイルスを認識できる抗体を選び出し、快速検査キットを研究開発しました。15分間で新型コロナウイルスを検出できます。

工研院、1時間で新型コロナ検出できる装置を開発

工業技術研究院の劉文雄・院長は、「PCR検査なら大体4時間から8時間かかる。しかし、我々の新しい検査方法なら、準備時間の20分を含め、一時間で終われる」と紹介しました。

工業技術研究院は、この検査装置は、早ければ7月にも量産でき、水際防疫とクリニックの快速検査に供用する見通しを明らかにしました。

Copyright © RTI (Radio Taiwan International).(2020/4/19)

これ早く量産して欲しいですね。(mtchang)

スポンサーリンク
Booking.com
スポンサーリンク
01 台湾の基本情報・いろいろ雑情報
台湾旅行関連の3つのブログランキングに参加しています

記事は気に入っていただけましたか?よければ「台湾旅行」「台湾旅行人気ブログランキング」「旅行情報」それぞれをクリックして応援していただければ励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ  にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

記事を気に入っていただけたら、是非あなたのTwitterやFacebook、LINEなどでシェアしてください

問い合わせ・コメント