(11/19)台湾大哥大TAIWAN MOBILEのSIM期間延長の方法

[広告]
[広告]
2022クリスマス

[広告]

台湾のSIMの電話番号を維持・継続したい

SIMロックフリーのスマホをお持ちで台湾に行った方で、空港などでSIMを買った方も多いと思います。

あのSIMにはそれぞれ電話番号が振られているのですが、その番号をキープしたい方もいるのではないでしょうか? 私もその一人で、最初に買ったSIMの番号をずっとキープしています。

SIMの有効期限は180日ですが、その間にリチャージすると更に180日延長されます。私は、日本を出る前にネットでリチャージしておきます。そうすると台湾に着陸してスマホをフライトモードから通信モードに戻したときに、スマホがすぐに利用できるためです。


リチャージして期限延長出来るのは台湾大哥大

今までに使ったSIMのうち中華電信のものはコロナの前から、観光客用の計日型SIMはリチャージしても有効期限の延長はされなくなりました。但し、空港ではなく市中で購入する計量型のSIMは延長できるようです。

遠傳FET(Far EastOne)は一度使いました。でも、そのときに日本のクレジットカードではリーチャージ出来ないと言われたので、使ったのは一度切りです。

それ以外の会社のSIMは使ったことがないので分かりません。

台湾大哥大のSIM は、もう5年くらい日本からクレジットカードを使って、オンラインでリチャージして有効期限延長して使っていました。少なくとも2022年の春までは。


日本のクレジットカードではリチャージ出来なくなっていた

今回台湾に行く前に、台湾大哥大のSIM にクレジットカードでリチャージしようとすると、次の表示が出て進めなくなりました。

5月にチャージした時は、日本のクレカもOKだったのに・・・

台湾大哥大にメールで問い合わせると「台湾発行のクレジットカードでしかリチャージ出来ません。台湾の知り合いなどにリチャージ依頼してください。」との回答でした。さて、困りました。


LINE pay でリチャージできました

何度かやっているうちに気が付いたのは、支払い方法の種類がずいぶん増えたということです。以前はクレジットカード、コンビニ仕払、チャージ残から引き落としだけだったのが、LINE Payや悠遊カードも使えるようになっています。

但し、悠遊カードも台湾の銀行と関連付けたものでないと使えませんでした。結局はLINE Payを選ぶとリチャージすることができました。但し、もちろん日本でLINE Pay で支払いが出来るようになっていないといけません。

支払い方法が増えています。LINE Payで払いました。

台湾大哥大のSIMカードにリチャージする方法

では、オンラインで台湾大哥大のSIMにリチャージする方法を簡単に説明しておきます。

1. 快速儲值 からログインします。

快速儲值は台湾大哥大のホームページから「我的帳戸」>預付卡>快速儲值 にあります。

「Phone Number」SIMに与えられた電話番号と最初に登録したパスポート番号を入力します

SIMの電話番号とパスポート番号を入力してログインします。

2.  現在のチャージ状況が表示されます。

先日、リチャージしたばかりなのでSIMの有効期限は、6ヶ月延長されて2023/05/16まで。通話代の100元無料サービスもあります。

ギガ数は先日、8ギガ/60日をチャージして7.2ギガ残り(ほとんど使って無い)。ギガの使用期限は2023/01/11までとなっています。

台湾大哥大SIMの現状使用状況


3. リチャージするプランを選択します。(ギガ購入)

ネット用のデータ(ギガ)購入の各種プランです。私は300元で8ギガ/60日を購入しましたが、ほとんど残してしまいギガを無駄にしました。

朝から晩までネットしたり、ゲームでもしていれば別でしょうが、それほどヘビーな使い方でなければ8ギガは多すぎるかもしれません。4泊程度の旅行なら、180元の2.4ギガ/60日で良かったかなと思います。

300元 8ギガ/60日も要りませんでした。180元 2.4ギガ/60日で十分だったと思います。


4. 通話プラン購入 (電話通話)

こちらは通話プランです。通話料金は300元で+100元フリー(計400元分)の通話料金リチャージなどのプランがあります。

でも、データ(ギガ)購入すると100元の無料通話もついているし、LINEやSKYPEで話が出来るので購入したことはありません。

因みに、台湾から日本に国際電話をかけると通話料は、下記の通りです。

・ 006通話 ピーク時1.26元/6秒 オフピーク時 1.20元/6秒
・ 016通話 ピーク時9.30元/分  オフピーク時 8.30元/分

36秒以上通話する場合は、006通話より016通話の方が割安になっています。

時間帯区分は、ピーク時は、月~金 08:00~23:00 と 土 08:00~12:00、
オフピーク時は、月~金23:00~07:59、土12:00~月07:59、祝日は終日オフピーク時です。

スマホでの日本への国際電話の掛け方は、016通話で日本の03-1234-5678にかける場合、
日本の国番号86、市外局番の最初の0を取り、016-86-3-1234-5678 とプッシュすればかかります。

ギガ購入すると100元の無料通話が付いているので、オフピーク時であれば12分間通話できます。なお無料通話はギガの購入額により差があります。



5. 領収書はe-Receiptを選んでDonate(寄付先)を選びます

台湾のレシートは「タカラくじ」になっています。それで、このe-Receiptを「Donate(寄付)」にチェックいれるとNPO団体などに寄付することができます。寄付する先はドロップダウンリストから選ぶことも出来ます。


6. 内容の確認をする

入力内容の確認をします。問題がなければ「Confirm and Send」をクリックします。



7. LINEにログインして、LINE Payで支払います

スマホでLINEにログインし、QRコードを読み込んでLINE Payで支払いします。当然ながら、LINE Payに加入していないと支払いが出来ませんので、事前にLINE Payの加入しているかどうかを確認してください。


8. LINE Payで支払い完了

実は私はLINEPay を使ったことがなかったので、慌てて設定して支払いました。

以上で無事に日本からリチャージできました。

日本のクレジットカードでリチャージの支払いが出来ないのはちょっと残念ではありますが、なにか「大人の事情」でもあるのでしょう。

多分、中華電信の計量型や台湾発行のクレジットカードのみだった遠傳FETも、同じようにLINE Payでリチャージ出来るのかもしれません。中華電信や遠傳FETのSIMカードをお持ちの方は試してみてください。




(2022/11/17)



台湾旅行関連のブログランキングに参加しています。
投稿記事は気に入っていただけましたか?
もしよければ「台湾旅行」「台湾旅行人気ブログランキング」を
クリックして応援していただければうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ   



[広告] 

クラウドWiFi ~SIMカードがいらない次世代の通信テクノロジー「クラウドSIM」
 ・契約期間の縛り無し
 ・ご利用量にあわせて選べる3つのプラン
 ・世界134カ国に対応!
 ・最大10台まで同時接続できる


ZEROシリーズ

【広告】
海外旅行には、最低2枚のカードを持っていきましょう。
理由は、こちら
をご覧ください。
年会費無料のこの2種のカードをお勧めします。


海外旅行にはEPOSカード! 海外旅行傷害保険が自動で付帯


楽天カードは
・年会費永年無料
・12年連続顧客満足度No.1

問い合わせ・コメント