2019年10月の台湾行き往復航空券発券しました(2019/5)

海外旅行には、最低2枚のカードを持っていきましょう。 理由は、こちらをご覧ください。
年会費無料のこの2種のカードをお勧めします。

海外旅行にはEPOSカード! 海外旅行傷害保険が自動で付帯

年会費無料の楽天カードは顧客満足度10年連続No.1

新規入会&利用でもれなく5000Pプレゼント

2019年10月の台湾行き往復航空券発券しました

ちょっとまだ早いかな?とも思いましたが、「セール!!」につられて10月後半の台湾行きの予約を入れました。

バニラエアで台北往復の予定。

image

航空券は往復¥16,910(空港サービス料、出国税、座席指定、カード利用手数料等全部込み)でした。航空運賃だけなら往復1万円くらいですね。

中国の国慶節、台湾の双十節(国慶日)の連休後なので、航空運賃も通常レベルに戻って、更に価格が下がっていました。

 

帰りはバニラエアの運行最終日

ふと気がついたら、帰りはバニラエアとしてのフライト最終日でした。

image

「最終日なので、ギャレーにあるものなんでも持っていってかまいません!」なんてことはないでしょうが、バニラに乗ることが割に多かったので、少しさびしいですね。

2月に行ったときにクルーに聞いたんですが、「まだ何も聞かされてないです。ただ、勤務が関空ベースになるのかも…」とかおっしゃってましたが。

楽天で台湾旅行の航空券・ホテルを探してみる

 

ホテルはまだ決めていない

ホテルは、またいつもの「寝るだけ」ホテルにするか、連休後の価格ダウンを期待して「普通の」ホテルを狙うかもう少し様子を見るつもりです。

台北で一人だと、駅前のNYSロフトかポッシュパッカーなんかが多いのですが、2月に行ったときははどちらも予約いっぱいで取れませんでした。

もしかして、最近一人旅が増えたのかな?と思えるふしもありますね。観光スポット歩いていると、なんとなく以前より一人で回っている人が多いような印象があります。


 

どこに行くかもまだ決めていませんが

まだ、どこに行くかも決めてはいませんが、漠然と「今回は台北のおさらい」をしようかな?と。

観光客もやや少なめだろうと思うので、人気の観光地をゆっくり行くか、ちょっと郊外に出て「客家(ハッカ)」の老街(大渓、内湾、北埔)もいいかな、もっと海岸沿いまで行って海鮮を楽しもうかなどなど。

内湾(ネイワン)老街。古びた落ち着いた町並み。あちこちに懐かしい風景が。
image

 

北埔(ベイプ ほっぽ)。清朝時代にはとても栄えたところで、200m足らずの老街に7つも古跡がある。
客家擂茶と石柿餅が有名。昔ながらの商店街も楽しめる。
image

 

桃園空港近くの竹囲漁港。空港から車で15~20分で行けそうです。
店頭で食べたい魚介類を選んで料理してもらって食べられると思います。
image

 

まだ、時間もゆっくりあるので、これから、いろいろと情報収集して決めていきたいと思います。

情報集めながら、適宜アップしていきます。

 



参考資料:レンタルWifiルータ各社料金比較
各社の料金・データ量・保険カバーなどを一覧比較。是非参考にしてください。(2020/03)

[広告]海外旅行にお勧めのモバイルWIFIルーター

台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!
利用制限なしの台湾データ。早割10%off実施中

台湾DATA

海外でインターネット!グローバルWiFi
グローバルWIFI

200カ国対応海外WiFiレンタルサービス
エクスモバイル

イモトのWiFi 無制限プランも50%オフ
イモトのWIFI


【夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)】
【夢のAI通訳機 POCKETALK(ポケトーク)】

 

格安航空券を検索比較【スカイスキャナー】

 

<スポンサーリンク>
英語が身につかないのはアウトプットが足りないから。
HiNative Trekは日本人に足りない英語のアウトプットを
学ぶことが出来る、新時代の英語学習サービスです。

こんな方におすすめ:
・いざ話そうとすると言葉が出てこない人
・アメリカ人の先生に教えて欲しい人
・空き時間を効率的に使いたい人
・仕事で英語を使えるようになりたい人

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Booking.com
02 旅行の計画(フライト・費用・日程・時期・旅行便利グッズ等)
台湾旅行関連の3つのブログランキングに参加しています

記事は気に入っていただけましたか?よければ「台湾旅行」「台湾旅行人気ブログランキング」「旅行情報」それぞれをクリックして応援していただければ励みになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ  にほんブログ村 旅行ブログ 旅行情報へ

問い合わせ・コメント