(11/8更新)「Visit Japan Web」を登録してみた! 検疫・入国審査・税関申告を一元化

[広告]
[広告]
2022クリスマス

[広告]

2022年11月1日から新バージョンになった「Visit Japan Web」に早速登録しました。

Visit Japanの新バージョンが、11月1日から登録できるようになりました。

検疫については、11月13日までに入国する人は従来の「MySOSアプリ」でも新「Visit Japan Web」でも使用出来ますが、11月14日以降に入国する人は「Visit Japan Web」を使用します。以後「MySOSアプリ」は使用されません。

なお、Visit Japan Webで検疫については全国の空港で使用できますが、入国審査、税関申告が使用できるのは下記の7空港です。それ以外の空港では、入国審査・税関申告は紙の用紙に記入する必要があります。
※入国審査は、外国人入国記録のためで、日本のパスポート所持者や再入国する外国人は、入力不要です。

・成田国際空港  ・羽田空港 ・関西国際空港 ・中部国際空港  ・福岡空港 ・ 新千歳空港 ・ 那覇空港



11月1日から、新バージョンのVisit Japanを使用するには

旧のVisit Japan Web のアカウントをすでに持っている人は、ログインして登録します。

Visit Japan のアカウントを持っていない方は、最初にアカウントの登録が必要です。指示通りに入力していけば簡単に作成できます。

ログインや新規アカウント作成はこのサイトで行います。:Visit Japan Web

詳しい登録方法は、こちらから: Visit Japan Web 登録方法



「ファストトラック」の登録はマニュアル通りにすれば簡単

ファストトラックの事前登録は、下記のマニュアルとおりにすれば簡単にできます。

Visit Japan Web 検疫手続事前登録(ファストトラック)

マニュアル通り進めていくと、ちょっと時間はかかりましたが最後に無事「検疫手続事前登録」「審査完了」の「青」画面になりました。




「ファストトラック」の登録は到着予定の6時間前までに

入国時の検疫手続きを簡単にするために、事前に登録(ファストトラック)ができます。なお、ファストトラックとは製薬業界の用語で「優先審査」という意味だそうです。

ファストトラックの登録は、必ずしないといけないというものではありませんが、登録しておくと先に審査を済ませておいてもらえる(=早く通過することが出来る)というものです。

登録する場合は飛行機の日本到着予定時間の6時間前までに完了しておいてください。(船の場合は出港の24時間前まで)

日本についてからでは間に合いませんので、必ず日本出発前か現地で早めに事前申請・登録しておいたほうがよいでしょう。

私の場合は、2週間以上先の入国予定ですが、「検疫」「税関申告」ともに事前登録をしておきました。2週間先なので体調が変わったり、免税額をオーバーしたりすることもあると思いますが、その時は審査の係官に申告すれば済むことです。



パスポートの登録、ワクチン接種証明の登録

事前に登録はだいたいスムースにできたのですが、ちょっと時間がかかったのがパスポートの登録です。

パスポートを登録するには、その前にスマホにパスポートの写真を保存しておく必要があります。まずスマホでパスポートの写真を撮ります。一番下の行が隠れないように写してください。

この写真をスマホに保存しておきます。


Visit Japan Web の登録手続きで、「パスポート」をタップします。「Browse」をタップしてスマホに保存したパスポートの写真を選び登録します。

最初、アップロードにあまり時間がかかるので、先に質問票やワクチン証明をやって後からパスポート登録をもう一度やろうと思って「スキップ」をタップしました。すると「スキップすると、検疫審査に時間がかかる場合があります・・・」みたいな表示が出てしまいました。

スキップした場合は、やり直しができないので再度新規にパスポート登録をする必要があります。

結局このパスポートの写真を登録する時にアップロードして、「登録が完了しました」と連絡来るまで私の場合1時間位かかりました。


更に、この入力の順番も「パスポート」⇒「質問票WEB」⇒「ワクチン接種証明」⇒「72時間以内の・・・」の通りで変えられないようです。
(※「ワクチン接種証明」を登録した人は、「出国前72時間以内の検査証明書」を登録する必要はありません)


ワクチン証明書も、ワクチン接種証明(左側) の最下部にある「画像として保存」をタップして、スマホに画像を保存しておきます。 (参考:海外旅行用コロナワクチン接種証明

スマホに保存された右側のQRコードの証明書を読み込んで接種証明を登録します。接種証明の登録にも30~40分かかったと思います。



事前登録完了まで2時間位かかりました

私の場合は、申請から登録完了まで全部で2時間位かかりました。入国日の近い人から処理するようなので、私のように2週間も先の申請は遅くなるのかもしれません。

左側が審査中の「赤」で、この画面が2時間位して右側の「審査完了 青」に変わりました。

入国時には、この「青」の画面の事前検疫登録、事前税関手続きの画面を係官に見せることになります。

デジタル庁の登録の仕方に付いてのマニュアルは、とてもわかり易くできていると思います。是非やってみてください。





(2022/11/01)(2022/11/02)(2022/11/08)


台湾旅行関連のブログランキングに参加しています。
投稿記事は気に入っていただけましたか?
もしよければ「台湾旅行」「台湾旅行人気ブログランキング」を
クリックして応援していただければうれしいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ   




[広告] 

クラウドWiFi ~SIMカードがいらない次世代の通信テクノロジー「クラウドSIM」
 ・契約期間の縛り無し
 ・ご利用量にあわせて選べる3つのプラン
 ・世界134カ国に対応!
 ・最大10台まで同時接続できる


ZEROシリーズ


【広告】
海外旅行には、最低2枚のカードを持っていきましょう。
理由は、こちら
をご覧ください。
年会費無料のこの2種のカードをお勧めします。


海外旅行にはEPOSカード! 海外旅行傷害保険が自動で付帯


楽天カードは
・年会費永年無料
・12年連続顧客満足度No.1

問い合わせ・コメント