34 台湾の観光スポット

33 台湾のおみやげ

とてもあでやかな台湾(客家)花布〜台北・迪化街の永楽市場

最近の人気スポットの一つ迪化街(ディーフアジエ てきかがい)は、昔、漢方薬や乾物、お茶の貿易で栄えた問屋街ですが、街中がリノベーションされてずいぶんきれいになり、沢山の観光客が訪れる街になりました。 下の写真は、迪化街にある中国の縁結びの神様「月下老人」で有名な台北霞海城隍廟と、その向こう側の建物が永楽市場です。
2019.06.05
32-2花蓮のグルメ

台湾東部の花蓮に行く3( 花蓮のグルメ )

花蓮と言えば、故蒋経国台湾総統がわざわざ台北から食べに来ていたという「扁食(ビエンシィ)」が有名です。 扁食とは福建省の福州地方の料理だそうで、台北で言う餛飩(ワンタン)のことです。 花蓮では「戴記扁食(ダイジィ ビエンシィ)」と「液香扁食店(イェシアン ビエンシィ ディェン) 」が有名です。 どちらの店もすぐ近くにあり元々は創始者の三代目の姉弟が別々に始めた店だそうです。
2018.12.14
34 台湾の観光スポット

台湾東部の 花蓮に行く2 (太魯閣 タロコ)

花蓮の観光地と言えば、なんと言っても車で1時間位のところにある太魯閣(タロコ)国家公園です。 太魯閣渓谷を流れる立霧渓が太魯閣の大理石を侵食して形成された断崖や、滝などが見られます。
2018.05.27
34 台湾の観光スポット

台湾東部の 花蓮(ホァ リェン)に行く1

元々、今年の後半くらいに台湾の東部海岸、蘇奥、花蓮、台東などに行きたいなと漠然と考えていたのですが、この地震のことがあってGW連休明けに花蓮に行って、ささやかではありますが現地で散財?し「花蓮加油!」してこようと思いました。とは言っても、現地にいられるのは半日位ですが・・・ 花蓮に行くのは、やはり鉄道が一番便利だと思います。自強号など特急に乗れば二時間半位で到着します。今回は自強号普悠瑪列車で行きました。花蓮までノンストップです。当日は、残念ながら天気は曇り、時々雨。日頃は天気男なんですが・・・
2018.09.19
26 台湾のレンタサイクル ~ 台北、台南、

台北のレンタサイクル 5(花蓮でoBike に乗る)

花蓮でoBike に乗ってみました oBikeについては、こちらをお読み下さい。 どちらかと言えば、私はoBikeにはマイナスのイメージをもっていましたが、今回の花蓮行きではoBikeを利用しました。 その理由は2つあって、1つは花蓮にはYouBikeがないこと、2つ目は台...
2018.05.22
34-6 永康街・青田街

台北 永康街・青田街3~どこか懐かしい昭和の日本の面影

永康街から青田街にかけては、日本統治時代に台北帝国大学(現・台湾大学)の教職員の為に住宅地として開発されたエリアで、現在でも当時の日本家屋を利用した店舗や、洗練された茶芸館等があります。
2018.12.09
32-1台北のグルメ

台北の夜市 臨江街(通化)夜市 〜 台北101近くの地元民メイン的夜市

以前は、臨江街夜市(リン ジアン ジエ)ではなく、通化街夜市(トン フア ジエ)と言っていたと思います。(2002年頃に、名称変更されたそうです。)通りの名前を確かめると、確かに夜市は臨江街にあって通化街の方ではありませんね。 観光客は、松山駅の饒河街夜市か士林夜市に行くので通化街には主に地元の人が来ることが多いと思います。 基隆路から通化街までの臨江街約300mに、食べ物、衣類、雑貨などを販売する屋台が並んでいます。
2018.12.14
32-1台北のグルメ

台北 永康街・青田街周辺 2 ~ 有名グルメ店がズラリ

永康街には鼎泰豊に限らずいろいろなグルメの名店がたくさんあります。 小籠包や上海料理の高記、餃子点心の東門餃子館、台南担仔麺の度小月、牛肉餡餅の朱記、茶館の回留、その他小さな屋台のような店も数多くあります。 その他にも、カフェ多数、雑貨の繭裏子、文具の品墨良行などおしゃれな雑貨店もいろいろあり、通りをゆっくり歩いて楽しめるエリアだと思います。
2018.12.14
32-1台北のグルメ

台北 永康街・青田街周辺 1 ~ 鼎泰豊(ディン タイ フォン)本店がある街

言わずと知れた小籠包の名店「鼎泰豊(でぃんたいふぉん)」の本店がある永康街。 鼎泰豊以外にも、高記本店、東門餃子館、スムージー本店、度小月永康街店等有名なグルメ名店があります。 グルメだけでなく、茶館、カフェ、雑貨、文房具などの店も沢山あるエリアです。 永康街に隣接する青田街、龍泉街をあわせて「康青龍(かんちんろん)」と呼ぶこともあります。この辺りには、日本統治時代に台湾総督府や台湾大学などに勤める日本人が居住していたエリアで、街を歩くとその当時の日本家屋がまだ残っています。
2018.12.14
34 台湾の観光スポット

龍山寺 台北のパワースポット 台湾で一番古いお寺

龍山寺は、清時代の乾隆3年(1738年)に着工し、同5年(1740年)落成したもので270余年の歴史があります。その間に数度の大改修がなされましたが、なかでも民国8年(1919年)の大改修工事は、中国宮殿式廟宇建築を採用し、民国13年(1924年)には色鮮やかな、壮麗かつ荘厳、芸術性の高い東洋一を誇る名刹が完成しました。
2018.03.23
34 台湾の観光スポット

清水祖師廟 三峡(サンシア) ~ 見事な装飾の「東方芸術の殿堂」

台湾で唯一「東方芸術の殿堂」と称えられる廟 台北から1時間ほどの新北市三峡(サンシア)というところに、寺中に見事な彫刻が施された三峡祖師廟(サンシア・そしびょう)というところがあります。 三峡祖師廟は「台湾の有名な西洋画家・李梅樹が改修の責任者を務め」「その技術を活かして祖師廟の見事...
2019.06.06
34 台湾の観光スポット

雙連朝市(そうれんあさいち)に行ってみよう! ~台北の朝市

  雙(双)連朝市 はMRT雙連駅の真上。 台湾に限らず中国や香港では、共稼ぎの家庭が多いので自宅ではあまり料理をしないそうです。 そのためか、屋台や食堂があちこちにあってしかも安いので、食事もそういうところで済ますことが多くなるようです。 雙連朝市は、生鮮食品を中心に売っている市...
2018.10.29
34-5 迪化街(てきかがい)台北

台北の迪化街(3) 年貨大街(2018年春節(旧正月)前の大特売)

台湾や中国などの中国人にとって年間で最も大切な催しが「春節(旧正月)」です。 日本でも正月には特別の料理を用意して家族で新年を祝います。中華圏の人たちは西暦ではなくて、旧正月をお祝いします。 台湾でも春節の準備のために、迪化街などの商店街では春節の前2週間位「年貨大街(年末大特売セール)」を行います。
2018.12.21
34 台湾の観光スポット

台湾茶を楽しむ(2)~猫空「邀月茶坊(ようげつさぼう)」でまったりする

猫空ゴンドラまでの行き方はこちら:猫空(マオコン)に台湾茶を楽しみに行く ※猫空のゴンドラは、2018年5月14日(月)から5月28日(月)まで、定期検査のため営業を停止します。5月29日(火)より営業再開します。 貓空纜車自107年5月14日(星期一)至5月28日(星期一)進行年度...
2018.10.29
34 台湾の観光スポット

台湾茶を楽しむ(1)~空中ゴンドラで猫空(マオコン)に行く

猫空は、台北市南部の山の上のエリアで茶葉の生産地として有名です。 麓の台北市立動物園駅からゴンドラ(ロープウェイ)でゆくことが出来、台北市内が一望にできるところです。 茶館は夜遅くまでやっているところが多いので、台北の夜景も楽しめます。
2019.04.25