国立故宮博物院の映像作品、米国映画祭でプラチナ賞など受賞

[広告]

国立故宮博物院の映像作品、米国映画祭でプラチナ賞など受賞

国立故宮博物院を紹介する各種映像が、北米の三大インディペンデント映画祭の一つで、今年で54回目のワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭で、プラチナ賞1、ゴールド賞9、など26個の賞を獲得した。

「テレビコマーシャル/公共サービス宣伝」の観光部門でプラチナ賞を受賞

国立故宮博物院(台湾北部・台北市)と同博物院南部院区(同中南部・嘉義県)を紹介。

『故宮好客』

「四季百駿—東西方交流的協奏曲」VR 360〫影片(精華版-春夏)



「フィルム・ビデオ作品」カテゴリーの芸術/文化部門でゴールド賞受賞

8Kの超高精細映像で、初めて国宝の数々をとらえた映像。『国宝新視界』

國寶新視界—翠玉白菜(8K版本)



その他にも有名俳優が出演するシリーズや、東南アジアの各国言語で故宮を紹介する映像、中国文化のオンライン公開講座のシリーズなども金賞を受賞した。


資料:Taiwan Today (中華民国(台湾)外交部) 発信日: 2021/05/20

(2021/05/21)

問い合わせ・コメント