2018年8月10日 台北で「2018台湾美食展(2018/8/10-13)」が開催されます

2018年 台湾美食展 が開催されます

2017年には4日間で16万人の入場者があった「台湾美食展」が、2018年も昨年と同じく台北世界貿易センターで8/10-13の4日間開催されます。

この時期に台北を訪れている方は、台北101の隣りですので時間が許せばのぞいてみてください。

2017年の美食展の様子。有名ホテル、レストランも参加して料理コンテストもあり、各ブースでいろいろ食べ比べたり楽しめると思います。

 

 

展示の五大テーマエリア

2018年の台湾美食展は、大きく五つの展示テーマにわかれているそうです。
昨年同様に、中国、ベトナム、日本の県市からの出展や、世界各地からの物産の展示即売も行います。

美膳台灣 

「美食」で台湾の観光を推進するために、このエリアは展示食品の試食、販売を重点的に実施。ホテル、レストラン、お土産業者が参加して入場者に台湾の美食を見て、食べて、味わってもらえます。

探索廚藝 

(一)台湾食材を使って、各種料理のコックがその技を競うコンテストを実施。その様子を入場者の公開。
(二)台湾の野菜果物を使ったコックの芸術的技で作品を作っていく過程を公開。
(三)国外から招いた有名シェフや国際コンテストで賞を獲得したコックが、料理に興味のある将来コックになりたい学生や一般にも未来の方向を講演。
(四)現役のコックが一般人に、食材についての知識や作り方について教えてくれ、料理の楽しさわかってもらいます。

 

楽天

台灣原味街 

台湾オリジナルエリアでは、台湾美食の老舗を招き各種台湾小吃、料理、点心、飲み物の販売します。台湾の味を網羅したエリアです

土地台湾 

(一)台湾の農業は国の経済を支えて来た重要な産業です。農業委員会に新理念や新しい国際市場でのあり方、地産地消の考え方や、優れた台湾の農業について展示します。
(二)特色的食器作品や國際的な台灣の食器デザイン、ホテルのテーブルウェア等を展示します。
(三)、(四) 中略
(五)観光局の2018推進テーマは「海灣旅遊年」です。漁業署の協力を得て、觀光局風景管理處と各漁業業者が展示及台灣海洋美食の即売を行い、台灣海灣之美を広めていきます。

異国美食 

台湾が国際的な美食大国となるために、台湾人コックと一般の異國料理に対する認識を深めて行く必要があります。各国、地域からの参加によって、国際的な美食の交流を図り、台湾の美食に対する世界観のレベルを高めます。

 

 

2018年の8月美食月のテーマは「海鮮粥」

美食展とあわせて、8月は「台湾美食月」として各地区のホテルやレストラン等でもいろいろな活動が行われます。

その一つとして「海鮮粥」が取り上げられ、この8月美食月には各地の有名ホテル・レストランが参加していて、それぞれに工夫をこらした海鮮粥を提供しています。
大エビ、わたりがに、イカ、魚等….食べるとさっぱりして、コクがあり、台湾の味が一杯の海鮮粥が楽しめるそうです。(有清爽、有濃郁、也有充滿油蔥的純正台味~だそうです)

 

この8月美食月に参加している各地の有名ホテル・レストランは次の通りです。

天成大飯店(コスモスホテル) 
花園大酒店六福客棧(台北ガーデンホテル) 
六福萬怡酒店(コートヤード バイ マリオット) 
台北美福大飯店(グランドメイフルホテル) 
台北福華大飯店(ハワードホテル)
北投水美溫泉飯店晶華酒店(ペイトウ リージェント) 
台北園外園(リージェント ガーデンヴィラ) 
故宮晶華(故宮 リージェント シルクパレス) 
國賓大飯店(アンバサダーホテル) 
圓山大飯店(グランドホテル) 
海霸王企業集團(台北中山店/土城海山店/新北蘆洲店/桃園航空館/高雄真愛館) 
蔣府宴(レストラン桃園市) 
台中金典酒店(スプレンダーホテル台中) 
香格里拉冬山河渡假飯店(シャングリ・ラ ブティックホテル宜蘭)

入場券発売場所など

販売場所:7-11(ibon)、ファミリーマート(全家便利商店)、ハイライフ(萊爾富)、OKマート(OK超商)
発売時期:8/9までは前売り価格1枚180元,8/10-8/13 1枚200元。
 *以下の入場券は,8/10-8/13は会場にて購入。大人:NT$200 優待票:NT$150 (6-12歲、身長120-150cm兒童、65歲以上長者)
入場參觀時間:8月10~13日10:00am~6:00pm

 

(お断り:翻訳のおかしいところがあるかもしれませんがご容赦ください。大筋はあっていると思います。^^; )

 

【広告】台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!
利用制限なし 早割10%off実施中

台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ
 

 

コメント