スポンサーリンク

台北の迪化街(1)~新しくなった古い街

迪化街 よみがえった古い問屋街

迪化街(てきかがい,ディーフアジエ)は、かつては漢方薬や農産物の輸出入の場所としてとても栄えた場所だったそうです。
私が駐在していた2000年頃には、古びた問屋街で日本で寂れた商店街を「シャッター通り」といいますがそんな感じでした。
2000年台に入ってから、リニューアルが行われて観光客も随分増えて人気のストリートになっています。

街を歩くと漢方薬の匂いがする

元々は、漢方薬の卸問屋がズラッと並んでいて通りを歩くと独特の漢方薬のにおいがしました。今でも漢方薬、乾物(しいたけ、果物)、果物の砂糖漬け、からすみ、などいろいろな食料品が売られています。
ドライフルーツなど、試食させてくれると思いますので、気軽に聞いてみましょう。
「試試吃、可以嗎(しーしーちー、くぅいぃま?)」と言ってみると通じると思います。

 

台北霞海城隍廟(たいぺいしあはいちぇんほんみゃお)

1856年創建されたそうで、祀られている霞海城隍爺は住民の無事息災と商売繁盛を見守っています。
また、一緒に祀られている月下老人は、将来一緒になる男女の足首を赤い糸で結ぶ老人で非常に霊験あらたかだそうです。(参照:台湾の縁結びの神様


 

永楽市場 布地の卸店が入った売り場。手芸好きは必見

霞海城隍廟の隣の永楽市場には、一階は各種食料品の売り場です。いつも行列が絶えない油飯(おこわ)の有名店「林合發油飯店」があります。

二階は布地の売り場になっていて、いろいろな種類の布地を販売する卸店が数多く入っています。
客家花布(はっかはなぬの)という客家人特有の花柄の布地を売る問屋もあるので、手芸好きな方は必見だと思います。

 

客家花布(はっかはなぬの)という客家人特有の花柄の布地。

また市場の8階には、大稻埕戲苑(だぁだおちぇんいぃゆえん)という劇場があり、タイミングが合えば、布袋戯という台湾の人形劇や、演劇が公演されているかもしれません。

 

お腹が空いたら、慈聖宮へ

お腹が空いたら、迪化街に最近新しくできているカフェのようなところで食べてもよいのですが、迪化街を北に歩いて民生西路を越え涼州街を右に延平北路方向に歩くと10分くらいで、慈聖宮に着きます。

この慈聖宮の門前にいろいろ屋台が出ています。お宮の中にもテーブル・椅子が用意されて昼間から盛り上がっているグループなどもあります。

 

迪化街への行き方

迪化街

バス:
南京西路 797、R25、迪化街口(永楽市場)下車すぐ、
西寧北路 GR17南京西寧路口下車
MRT: 
松山新店線 北門站下車、塔城街を北に徒歩7~8分
中和新蘆線 大橋頭站下車、延平北路、迪化街を南へ徒歩7~8分
タクシー:運転手に次の文を見せて下さい。
「司機先生、請去迪化街永楽市場那里。謝謝」

参考情報:台北の迪化街でオススメの店~「新點子」
参考情報:台北の迪化街の年貨大街(2018年春節(旧正月)前の大特売)

 


【広告】

【ルート自由自在 / 日本語ドライバー】北台湾・専用車チャーター5時間
台北市内だけでなく、九份・十分・野柳・烏来・淡水・陽明山…。北台湾は見所いっぱい!!自分の行きたい所だけ、専用貸切チャーター車で効率よく回りましょう。
詳細・予約はこちらから北台湾・専用車チャーター5時間

【時間のない方向け】台北市内貸切チャーター車半日ツアー(4時間)
4時間の貸切チャーター車なので、お客様の行きたい観光スポットに1〜3つ行くことができます。短時間に効率よく観光したい方、ご家族連れ、ビジネスのご利用に最適です。
詳細・予約はこちらから:台北市内貸切チャーター車半日ツアー

 

参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利 

コメント