34-3 台北・迪化街(てきかがい)・永康街・青田街

33 台湾のおみやげ

とてもあでやかな台湾(客家)花布〜台北・迪化街の永楽市場

最近の人気スポットの一つ迪化街(ディーフアジエ てきかがい)は、昔、漢方薬や乾物、お茶の貿易で栄えた問屋街ですが、街中がリノベーションされてずいぶんきれいになり、沢山の観光客が訪れる街になりました。 下の写真は、迪化街にある中国の縁結びの神様「月下老人」で有名な台北霞海城隍廟と、その向こう側の建物が永楽市場です。
2019.06.05
34-3 台北・迪化街(てきかがい)・永康街・青田街

台北 永康街・青田街3~どこか懐かしい昭和の日本の面影

永康街から青田街にかけては、日本統治時代に台北帝国大学(現・台湾大学)の教職員の為に住宅地として開発されたエリアで、現在でも当時の日本家屋を利用した店舗や、洗練された茶芸館等があります。
2018.12.09
34-3 台北・迪化街(てきかがい)・永康街・青田街

台北 永康街・青田街周辺 2 ~ 有名グルメ店がズラリ

永康街には鼎泰豊に限らずいろいろなグルメの名店がたくさんあります。 小籠包や上海料理の高記、餃子点心の東門餃子館、台南担仔麺の度小月、牛肉餡餅の朱記、茶館の回留、その他小さな屋台のような店も数多くあります。 その他にも、カフェ多数、雑貨の繭裏子、文具の品墨良行などおしゃれな雑貨店もいろいろあり、通りをゆっくり歩いて楽しめるエリアだと思います。
2018.12.14
34-3 台北・迪化街(てきかがい)・永康街・青田街

台北 永康街・青田街周辺 1 ~ 鼎泰豊(ディン タイ フォン)本店がある街

言わずと知れた小籠包の名店「鼎泰豊(でぃんたいふぉん)」の本店がある永康街。 鼎泰豊以外にも、高記本店、東門餃子館、スムージー本店、度小月永康街店等有名なグルメ名店があります。 グルメだけでなく、茶館、カフェ、雑貨、文房具などの店も沢山あるエリアです。 永康街に隣接する青田街、龍泉街をあわせて「康青龍(かんちんろん)」と呼ぶこともあります。この辺りには、日本統治時代に台湾総督府や台湾大学などに勤める日本人が居住していたエリアで、街を歩くとその当時の日本家屋がまだ残っています。
2018.12.14
34-3 台北・迪化街(てきかがい)・永康街・青田街

台北の迪化街(3) 年貨大街(2018年春節(旧正月)前の大特売)

台湾や中国などの中国人にとって年間で最も大切な催しが「春節(旧正月)」です。 日本でも正月には特別の料理を用意して家族で新年を祝います。中華圏の人たちは西暦ではなくて、旧正月をお祝いします。 台湾でも春節の準備のために、迪化街などの商店街では春節の前2週間位「年貨大街(年末大特売セール)」を行います。
2018.12.21
33 台湾のおみやげ

台北の迪化街(2) 「新點子(シン ディエン ツ)」お土産購入にオススメの店

迪化街には、漢方薬、乾物、乾燥フルーツ、からすみ、茶葉等を売っている店がたくさんあります。お土産を買って帰るのにも便利なところです。 私がいつも立ち寄っておみやげに買うのは、霞海城隍廟、永楽市場に近い「新點子」です。 ここは、いろいろな種類のドライフルーツ、ドライ野菜が適量な小袋で販売されていてお土産にとても喜ばれます。
2019.06.05
34-3 台北・迪化街(てきかがい)・永康街・青田街

台北の迪化街(1)~新しくなった古い街

迪化街(てきかがい、でぃ-ふあじえ)は、かつては漢方薬や農産物の輸出入の場所としてとても栄えた場所だったそうです。 私が駐在していた1999年頃には、古びた問屋街で日本で寂れた商店街を「シャッター通り」といいますが、そんな感じでした。 2000年台に入ってから、リニューアルが行われて観光客も随分増えて人気のストリートになっています。
2018.10.29