中華民国総統府

31-1 台北市・台北近郊の観光スポット

2020年 中華民国総統府(旧台湾総督府)の自由参観日情報です。

※総統府の見学は、展示内容更新のため2020年3月7日からしばらくの間中止となりますので、ご注意ください。 中華民国総統府の一般開放 台湾では、総統府を一般開放していて観光客も参観することが出来ます。 日本で言えば、「首相官邸...
2020.03.06
01-2 台湾祝日カレンダー・国民行事など

2019年 中華民国総統府(旧台湾総督府)の、自由参観日情報更新しました

中華民国総統府(旧台湾総督府)の2019年の自由参観日情報更新 中華民国総統府(級台湾総督府)に関する投稿記事はこちらをどうぞ。
31-1 台北市・台北近郊の観光スポット

中華民国総統府(旧台湾総督府)を見学 。(2019年の自由参観日情報更新しました)

1895年、日本は清国から台湾を譲り受け、それ以後1945年まで統治しました。 その時に台湾統治の中心として建造されたのが、台湾総督府です。 中華民国総統府。1919年完成の旧台湾総督府。 見学したときのガイド、王さんによると当時の金額で300万円近くをかけて建設。(現在の価値では50~60億円?) 完成時には、中央の塔は赤レンガ造りの建造物としては日本一高かったそうです
2019.11.22