スポンサーリンク

”存在しない部屋”を販売する海外大手宿泊サイトに注意!!

海外大手宿泊サイトが、満室のホテルを「一室のみ在庫がある」と偽って販売しているようです

「海外大手宿泊サイトが、年末年始が既に満室のホテルを「一室のみ在庫がある」と偽って販売している事案が全国で発生している」らしいです。

記事中にも明記されていますが、この「海外大手宿泊サイト」とは、中国系のCtrip.com international(シートリップ)が運営するTrip.com(トリップドットコム)のことだそうです。

 

2018年12月1日 永山 久徳氏(旅館経営者)の記事によると

「海外大手宿泊サイトが、年末年始が既に満室のホテルを「一室のみ在庫がある」と偽って販売している事案が全国で発生している」
「該当の宿泊サイト(以下、サイト)と未契約のホテルであろうがお構いなしに勝手にプランを作られかなりの高額で販売されている」

旅館・ホテル側は全く関与しておらず、宿泊出来なかった旅行者からは「とんでもない旅館・ホテル」とクチコミを書かれていい迷惑。

記事を読んで見ると、サイトに申し込んだ人が予約のキャンセルをすると、サイトから高額のキャンセル料を請求される。
どうもこのキャンセル料が目当てらしい。  

昨年の「てるみクラブ」のようなことにならなければいいんですが。

 

下記に記事のURL添付します。

【スクープ】”存在しない部屋”を販売する海外大手宿泊サイトのカラクリ 年末年始に「部屋なし」問題大量発生も懸念

 

 

コメント