コロナウイルス関連情報

日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置等

外務省が把握している,日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限についてです。

本情報は,当局が公式に発表した情報を中心に掲載していますが,新型コロナウイルスを巡る各国の対応策は極めて流動的ですので,これらの国への渡航を検討される際には,各国当局のホームページを参照する他,在京大使館に確認する等,最新の情報を十分に確認してください。(外務省・海外安全ホームページ

*************************

各国の入国規制などの情報

3/25付で外務省から、全世界にたいして「不要不急の渡航中止の要請」が出されています。今後特に大きな変更情報がなければ情報の更新はしません。(2020/3/29)

(3/27)日本への上陸・入国を拒否する対象国・地域

「水際対策強化に係る新たな措置」として欧州21カ国などが、日本への上陸拒否国・地域として追加されています。
日本への上陸拒否を行う対象地域:https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C042.html

(3/25) 全世界に対する危険情報の発出

●全世界(各国・地域に発出している危険情報とは別に,全世界に対して一律に発出するものです。)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(新規)

◆海外安全ホームページ:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/info0325.html

(3/24~)台湾: 4月07日まで、台湾でのトランジット禁止に

期間中は台湾での乗り継ぎ、乗り換えが出来なくなりますのでご注意ください。

(3/26~)ハワイ、州外からの渡航者を14日間隔離

(3/24~)シンガポール、短期滞在者の入国や乗り継ぎを禁止

(3/22~) 日米双方、相手国への不要不急の投稿自粛を要請

(3/21~)タイ:日本などからの入国、健康証明書と医療費補償の証明提示義務付け

タイ民間航空局は3月18日、感染症法に基づく新型コロナウィルス感染症対策として、航空会社が搭乗手続き時に、感染拡大国からの渡航者に対して健康証明書の確認をするよう求める通達を行った。3月21日から実施する。
参考: タイ政府観光庁

(3/17)台湾、原則全ての外国人を入境拒否に 19日から

19日午前0時から、国籍を問わず全ての入境者に一律で14日間の在宅検疫を義務付けることも同時に発表された。台湾時間19日午前0時以降に現地を離陸した航空便から規定が適用される。 台北駐日経済文化代表処

(3/6)台湾新幹線、体温測定システム導入 37.5度以上は乗車控えるよう要請

新型コロナウイルスの感染予防の為、台湾高速鉄道(高鉄)は3月4日に桃園駅で赤外線サーモグラフィーによる
乗客の体温測定を試験導入しました。4月の清明節連休までには全ての主要駅に導入をする方針で、システムが反応した人に対しては額用体温計で再検温し、37.5度を超えた場合には帰宅か病院の受診を勧める。
参考資料:18 台鉄(在来鉄道)、高鉄(台湾新幹線)のチケットをお得に購入する

(3/6)台湾高鉄、4月連休期間中(4/1~6)は指定席のみ販売

台湾高速鉄道(台湾高鉄)は新型コロナウイルスの感染予防の為、児童節と清明節の連休に当たる4月1日から4月6日の期間中は全列車を指定席とし、自由席の販売と定期券や交通系ICカードによる乗車を停止する事を発表しました。
参考資料:18 台鉄(在来鉄道)、高鉄(台湾新幹線)のチケットをお得に購入する

(3/5) 台湾、体温計の輸出を一時禁止 個人の海外持ち出しも制限 3月末まで

(台北中央社)経済部(経済省)は4日、新型コロナウイルスの感染拡大によって需要が高まる体温計について、3月末まで一時的に輸出規制の対象にすると公告した。規制の対象となるのは、水銀体温計を除く非接触式、耳式など各種体温計やサーモグラフィー。

個人の場合、国籍を問わず一人当たり2本までなら税関への申告なしで海外に持ち出すことができるが、規定以上の数量を申告なく所持していた場合、物品は没収され、最大で商品価値の3倍に相当する過料が科される。

(3/1)台湾:日本への渡航警戒レベル、現状維持 

現状維持の理由は、日本の感染の広がり方は緩やかだとし、感染者数が全人口に占める割合は台湾と同じくらいだと指摘。レベルを引き上げるか、今後も観察を続けていく姿勢を示した。

日本からの帰国者で症状が見られる人へのウイルス検査を強化するなど、水際対策に力を入れる方針を表明。また、日台双方のツアーガイドに対し、参加客の体温測定やマスク着用など健康管理の徹底を要請するとした。

(2/25)台湾  「台北戲棚」(タイペイ・アイ)、一時休館期間、延長 (~6/30)

台湾の伝統劇がお楽しみいただける「台北戲棚」(タイペイ・アイ)は、新型コロナウイルスの影響によるお客様の安全確保のため、一時休館期間を2020年6月30日(火)まで延長することになりました。訪問予定の方は、ご注意ください。

※台北戲棚 (タイペイ・アイ)
 住所: 台北市中山北路二段113号
 詳細: http://www.taipeieye.com/ 

(2/25)台湾、日本からの入境者に自主健康管理要請=公共の場への出入り自粛など

各国への渡航警戒レベルは24日時点で、日本とシンガポールがレベル2の「警戒」に、タイ、イラン、イタリアがレベル1の「注意」とされている。

レベル2に指定された日本からの観光客には、自主健康管理の対象者として公共の場への出入り自粛のほか、外出時に医療用マスクを終始着用▽朝晩の体温測定などが求められている。(観光客は現地ではマスクの購入が出来ないとの情報もあります。日本からマスクの持参が必要です。)

なお、韓国が「警告」はレベル3に指定された。3段階のうち最も高い水準で、中国本土や香港、マカオがすでに指定されており、同センターはこれらの国・地域へのあらゆる不要な渡航を避けるよう呼び掛けている。