海外用プリペイドカードで現金持ち歩きリスクを減らす

海外用プリペイドカードで持ち歩く現金を少なくする

海外旅行に行く際に大事なのが、お金をどうやって持っていくかですよね。
当ブログでオススメしているのは、海外旅行傷害補償の付帯したクレジットカードを何枚か持って、大きな買い物はクレジットカードを使う。
現金は、大金は持ち歩かずに最低限必要な金額をその都度両替する、ということです。

大金を持ち歩かなくて済むように最近普及して来ているものに、海外旅行専用のプリペイドカードがあります。こういうプリペイドカードをうまく利用することで、持ち歩く現金を最小限にしてリスクを最小化することも考えたほうがいいでしょう。

海外用プリペイドカードの利点

海外プリペイドカードの利点はなんといっても、銀行口座がいらずに簡単に作れるということです。事前に現金をチャージしておけば、使い方は普段使っている交通系のカードや銀行のキャッシュカードと同じです。

  • 事前にカードに好きな外貨をチャージ出来ます
  • 海外のATMから現金をおろせます。
  • クレジットカードのように、チャージ額まで支払いに使えます。
  • 審査がないので高校生や大学生の子供さんでも使用出来ます
  • チャージ金額以上は使えないので子供さんに持たせても安心です
  • インターネットから再チャージも出来ます
  • 万一なくしても、暗証番号でガードされているので安心です

楽天

主な海外用プリペイドカード

海外用プリペイドカードもいろいろあるようですが、今回は「大手の会社が発行しているカードをご紹介します。

キャッシュパスポート(マスターカード) 


・クレジットカードのマスターカードが発行元。
・プリペイドタイプのトラベルカードだから簡単。ATM・インターネットバンキング等でチャージが可能。
・世界210以上の国や地域のMasterCard®加盟店やMasterCard®対応ATMで利用できる。
・日本にいるご家族からも、キャッシュパスポートの口座に振り込むだけで、カードにチャージができるので、簡単に海外送金が可能
・銀行口座不要でスピード発行。海外に出発するまでの時間があまりなくても大丈夫。
・プリペイドタイプのトラベルカードだから、無審査・年齢制限なし。銀行口座も不要。
・スペアカードとセットで発行してくれるので、万一カードを紛失しても、即スペアカードで使用できる。
・発行まで1週間程度。
・チャージ限度額:200万円

マネパカード (マスターカード)



・マネーパートナーズ(FX・証券取引)が発行元
・マネパカードでは入会金、年会費、チャージ手数料、ショッピング決済手数料などがかからないのでとってもオトク!
・よりおトクに海外でショッピングを楽しみたいなら、日本最安(※)のマネパカードがオススメです!
・発行まで1週間程度。
・チャージ金額に応じて、外貨のお買物では1回約80万円、1日100万円まで、円貨のお買物は1月50万円まで利用できます。
・世界210以上の国や地域のMasterCard®加盟店やMasterCard®対応ATMで利用できる。

NEO MONEY(ネオマネー) (VISA、銀聯) 



・クレディセゾンが発行元。
・国内・海外のVisaまたは銀聯加盟店でのショッピングや、海外ATMでの現地通貨引き出しなど、世界各国で便利に使えるプリペイドカードです。
・入会審査がないため、13歳以上の方ならどなたでもお申し込みいただけます。

・銀行口座開設などの面倒な手続きは一切不要。

・お近くのコンビニATMや銀行振込より入金(チャージ)いただくだけで、すぐに使い始めることができます。
・発行まで1週間程度
・チャージ限度額100万円

Money T Global(マネーティーグローバル) (VISA )



・JTBが発行元。(2018年7月からアプラスに変更)
・日本で入金し、海外のVisaやPlusマークのある海外ATMで現地通貨が引出せる。
・海外のVisa加盟店では、残高の範囲内ならサインするだけでショッピングやレストランなどでのお支払いができます
・ICチップ搭載でセキュリティと利便性向上
・24時間対応の日本語コールセンターと、世界40都市のJTB海外トラベルデスクがサポートしています。
・発行まで1週間程度
・チャージ限度額100万円

【広告】

Amazon.co.jp: 台湾ガイドブック