天燈(ランタン)揚げ ~ 平渓・十分

スポンサーリンク
国内旅行から海外旅行までホテル探しは、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ
トリバゴ
スポンサーリンク
「Amazonフレッシュ」の30日間無料体験に登録で初回購入¥2000Off!
スポンサーリンク

天燈(ランタン)揚げの平渓(ぴんしー)・ 十分(しーふぇん)

最近テレビでもよく放映される「天燈(ランタン)揚げ」で有名なのが、十分、平渓です。
「塔の上のラプンツェル」でモデルの一つと言われるランタン祭りが行われる所です。
台湾の東部を走る鉄道の瑞芳(りゅいふぁん)の駅から乗り換え、ローカル線平渓線にあるえきです。
 
平渓線は駅が8つほどの短いローカル線ですが、その短い路線の駅毎に、猫村、台湾のナイアガラ、天燈揚げ、懐かしい昭和の街並みなどの特色があります。
 
平渓線
 
 

平渓線への行き方:瑞芳駅で乗り換え

平渓線へは瑞芳駅で乗り換えます。
 
瑞芳駅までは、台北駅か、松山駅から約40分程度です。
特急(自強号等)に乗る場合は、瑞芳には止まらない列車もあります。
乗車前にかならず確認してください。
 
 
 
 
人気の路線なので週末は短い4両編成のディーゼル列車が満員になります。
台北駅、松山駅、瑞芳駅で平渓線一日乗車券が購入できます。
各駅で下車して、観光するなら一日乗車券がお得だと思います。

紙に「平渓線一日週遊券(全票)1張 」(一日券(大人)1枚の意味です)と書いて窓口に出してください。1枚80元です。

瑞芳駅から青桐駅(艹に青)の間が乗り降り自由になります。

瑞芳までは、料金が必要です。悠遊カードが便利です。
 

1時間に1本しかないので、発車時間はよく覚えておきましょう。

十分の天燈(ランタン)揚げ

猫好きの方は、瑞芳の次の駅「猴硐駅」で下車。駅周辺には猫が沢山いるそうです。

十分駅は線路ギリギリに商店の軒が出ていてぶつかるのではないかと思うほどです。

列車が通り過ぎると、線路の上で天燈揚げが始まります。

週末は、沢山の人で狭い駅のホームも混み合います。
平渓線,十分駅
 
駅近くの十分老街(商店街)には、天燈(ランタン)の販売店が並んでいます。
天燈には、願いを一つ書ける一色のものと、願いが4つ書ける4色のものがあります。
願い事の種類で色が違うので、組み合わせの番号でランタンを買います。
 
 
願いを書き終わったら、お店の人が紙銭を燃やして温かい空気をランタンに入れてくれるので、ランタンを揚げて「願いとお金」を天に届けます。
 
十分,天燈,ランタン揚げ
 

十分瀑布(台湾のナイアガラ)

十分老街から、歩いて20分ちょっとのところに台湾で幅が最大の十分瀑布(通称:台湾のナイアガラ)があります。

免許が不要なレンタルの電気バイクもあります。歩かなくて良いので楽ですが、バイクに乗ったことのない人はやめておいたほうが良いと思います。

 
 

旧正月15日の元宵節に行われる天燈揚げ

十分駅の次の平渓駅でも天燈揚げはできます。

駅前には古くからの街並(老街)があり、昔からの商店や食堂も多いです。

平渓では、旧正月の15日に元宵節がおこなわれ、その時に一斉に何百という天燈が揚げられます。ディズニーアニメの「塔の上のラプンツェル」のモデルの一つと言われる天燈(ランタン)揚げです。

 
平渓線,平渓ランタン祭り,ランタン揚げ

終点の菁桐駅では、昔の炭鉱の記念館があります。

また、竹筒に願いを書いて結びつける絵馬のようなものも名物になっています。
 

終点の菁桐駅からどうするか?

終点の菁桐駅からのコースをどうするかは、大きく3つあります。

1.菁桐から瑞芳には戻らずに、バス795で台北のMRT木柵駅に戻る(1時間位)。

2.日の入りまで2時間位あれば、瑞芳まで戻り九份へ行く。茶館で夕景、烏龍茶を楽しむ。

3.日没まで時間がない場合は、瑞芳から基隆へ鉄道で行く(途中、七堵(ちーどぅ)で乗換て、30分位)。基隆の廟口夜市で海鮮の料理を食べる。(海鮮では台北の夜市よりも、基隆の方が上と言われています。)

おすすめのルートは、平渓線は十分の天燈揚げ、十分瀑布、平渓などを2時頃までの明るい内に回ります。
 
その後に、瑞芳に戻って九份へ行き、基山街の老街、茶館でお茶をのみながら海の夕景を楽しみます。そして、基隆の廟口夜市に回ると良いと思います。
 
台北へは、基隆駅から鉄道で台北駅まで64元。40分程度。
または駅前のバスセンターから高速バス1813です。55元。30~40分程度。
バスセンターは駅前にあるので、すぐに分かると思います。(価格は2017年7月現在)
【広告】世界利用者数No1のオンライン旅行会社エクスペディアで、国内・海外のホテル・ツアーを安く利用。

参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利