台湾の入国カードはOn-Lineで事前に登録しておこう!

台湾入国カードを事前に登録しておこう

台湾に入国する外国籍の旅行者は、入国時に必ず入国カードを提出しなければいけません。
入国カードは、着陸前に飛行機の機内で配られるので飛行機内で記入してもいいのですが、事前にOn-Lineで登録しておくことが出来ます。

飛行機内の、狭いテーブルで書いたり、ボールペンの貸し借りをしたり、記入方法はこれでいいのかなぁ?と心配せずに済みますので、是非事前にOn-Line で登録をすませておきましょう。

一緒に行く人の分も、ついでに申請してあげると喜ばれますよ。

記入自体は、とても簡単です。
入国カードの事前登録は入國登記表 ARRIVAL CARDのサイトで行います。

入国カード1.JPG

Confirmをクリックすると、画面が変わって一番下に4桁の認証番号が出ます。
その番号を入力して Apply をクリックすれば完了です。
画面を印刷して持っていく必要はありません。

入国カード2.JPG
「Apply」をクリックして、下のように「success」が出れば、登録成功です。

 

台湾入国時には、パスポートだけ出して「On-Line!」と言えば通じる。

台湾着陸前に、機内で入国カードが配られますが、事前登録がすんでいるので機内で記入する必要はありません。

周りのみなさんが、「ボールペンないかな?」「記入方法はこれでいいのかな?」
「ここには何を書けばいいのかな?」みたいな顔してる時に、のんびり「台北ついたら小籠包でも食べよう」なんて考えていてください。(笑)

台湾に入国する際には、入国審査の係官にはパスポートだけを提出します。
一瞬「入国カードは?」みたいな顔をすると思いますが、パスポート出す時に「On-Line!」とか「インターネット!」とか言えばすぐにわかってくれます。

機内で入国カードに書く場合

事前にオンライン登録ができなかった場合は、着陸前に機内で配られる用紙に記入しなければなりません。
記入方法については、次のリンクを参考にしてください。

参考情報:台湾入国書類の記入方法

入出国時に知らない人の荷物を絶対に預かったりしないこと

入国時の手続きとは関係有りませんが、税関の検査で並んでいる時に知らない人が「免税額を超過したので、お礼を払うからあなたの荷物として持ち込んでくれないか?」などと頼まれた時には、絶対に引き受けないようにしましょう。

荷物に覚せい剤や麻薬が入っていて、あなたが知らない間に「運び屋」にされている場合があります。中国や確かマレーシアでも死刑になる重大犯罪です。台湾でも最高刑は死刑です。

旅行先で出来た友人や恋人は、最初から「運び屋」にする目的で近寄ってくる場合もあるそうですので、十分警戒した方がよいようです。

【広告】当ブログで主に使っているホテル予約サイト

トリバゴ:国内&海外ホテル予約  
Booking.com:世界のホテル割引予約

トリップアドバイザー:世界最大の旅行口コミサイト
エクスペディア:海外の厳選ホテル
Kaligo.com:550,000件のホテル 魅力的な 特典
Hotels.com:世界最大手オンライン宿泊予約サイト
アゴダ:世界中の宿泊施設を大幅割引で提供


参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利