タクシーはホテルから乗る ~ 台北のタクシー乗り方そのその3

スポンサーリンク
国内旅行から海外旅行までホテル探しは、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ
トリバゴ
スポンサーリンク
「Amazonフレッシュ」の30日間無料体験に登録で初回購入¥2000Off!
スポンサーリンク

タクシーは、ホテルから乗ろう 

タクシーに乗りたいときには、もちろん流しのタクシーを捕まえてもいいのですが、
近くに高級ホテルがあれば、その玄関入口のタクシー乗り場から乗るのがおすすめです。
別にそのホテルの宿泊客でなくても構いません。


高級ホテルのタクシー乗り場の従業員は、まず間違いなく英語、運が良ければ簡単な日本語が
出来るので、行先を言って(紙に書いて渡して)、ついでにおおよその料金(How much?ハウマッチ?)や所要時間(How long?ハウロング?)も聞いておきましょう。

ホテル従業員が、タクシーの運転手に行く先や料金、時間を確認してくれます。
大体の時間や料金を聞いておくと、遠回りしたりしにくくなると思います。

 

一応、タクシーの定員は4人ですが・・・ 

タクシーの定員は普通4人です。あまり多くはないですが、トヨタウィッシュで6人乗り
定員の車も走っています。

タクシーの定員は赤丸の部分に表示されています。

数は多くはないですが、六人定員のもあります。5~6人のグループ旅行の時にはおススメです。

一行5人でタクシーで移動することになったことがありました。
私以外は、みな台湾初めてでした。
タクシーの定員は4人なので2台分乗は避けたいなと思いました。

それで、すぐ近くの日系の高級ホテルに行き、ベルボーイに「5人グループなんだけど、タクシー1台で・・(We are 5.  One taxi please.ウィーアー5.ワンタクシープリーズ。)」と言うと、タクシーの運転手になにやら交渉してくれました。

1台目のタクシーは断られましたが、2台目のタクシーはOKがでて、定員4人のタクシーに5人で乗ることができました。

このへんが、融通の利く台湾の良いところですね(笑)。
もし、同じようなことがあれば、是非おためしください。

タクシーに乗ったら必ずシートベルトを締めましょう。
台湾ではシートベルトをしないと、乗客が罰金を取られることがあります。

タクシー乗降時、ドアを開ける際には気をつけて

※台湾では、2017年7月1日から、車両のドア開閉に関する新制度が開始されました。
1.道路交通管理処罰条例第56条の1の規定により、原則として、停車後に車両のドア開閉により交通事故を発生させた場合、車両の運転者に1,200~3,600台湾元の罰金が課されることになりました。

2.ただし、タクシーやレンタカー付随の運転手が告知義務を履行したにもかかわらず、乗客が車両のドア開閉により交通事故を起こした場合は、乗客が処罰されることになります。
(※車内には必ず告知ステッカーが貼っていると思います。ドア開閉による交通事故は乗客が処罰されますので十分注意してください。)

【広告】日本の携帯電話、LINEもメールもそのまま使える「台湾DATA」

台湾DATAは「台湾のNTT」最大手通信会社「中華電信社」の人気Wi-Fiルータ。
しかも、気になるデータ利用制限は一切なし!
超高速4G LTEのWi-Fiを台湾全土で広く、速くご利用いただけます。

※ただ今「台湾キャンペーン」実施中!
通常690円(1日)の定額通信料が、590円(1日)でOK。
10台まで同時に接続OKだから、グループみんなで使える!
重さもわずか75gと軽量なので持ち運びにとても便利なWi-Fiルーターです。
受け取りは自宅や空港へ無料でお届け。返却も帰国後無料でポスト投函だから超カンタン!

【広告】世界利用者数No1のオンライン旅行会社エクスペディアで、国内・海外のホテル・ツアーを安く利用。

参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利