台北のタクシー乗り方1~行き先は通りの名前で伝えよう

 台北のタクシーの運転手は、地図が苦手?

知らぬ土地でタクシーに乗って、行き先を説明するのは日本にいても簡単ではないですよね。
まして言葉も通じぬ外国ではなおさらの事。

最近は、スマホやiPhoneの普及しているので、台北でタクシーに乗るときには、場所を検索してその地図を見せたらいいと思う方も多いでしょう。

でも、年配の運転手さんには、どうも地図が苦手な方もいてこまることもあります。
また、タクシーにナビがついていても使い方が分かってない運転手も。

台湾の住所は、日本のように〇〇町何丁目何番何号ではなくて、通りの名前で表示します。
例えば、忠孝東路四段142号 のように通り沿いの建物番号で表示します。

四段とは4丁目と思えばいいでしょう。142号は、忠孝東路四段の最初から数えて、通りの南側71番目くらいの建物ということです。
忠孝東路住所表示.JPG
この住所を言えば、「あぁ、あのあたりか」とはわかってもらえますが、142号がどこかは行ってみて表示を探すことになります。

ビルの名前もよほど大きなところでないと分かってもらえないのは、台北だけでなく日本でも同じです。

 

 通りと通りの交差点の名前を伝える。

タクシーの運転手にスグにわかってもらえる方法は、通りと通りの交差点の名前を伝える方法です。

台北では「〇〇路と△△路の交差点を渡って止めてください。」のように言います。
先ほどの例では、忠孝東路四段142号ではなくて、忠孝東路敦化南路口と言います。

運転手は、通りの名前は覚えているので間違いなく交差点には連れて行ってくれます。
伝え方は、中国語にチャレンジして「チュンシャオトンルスードァンイースアルハオ」とか
「チュンシャオトンルトンフアナンルコウ」と言ってみても構いませんが多分難しい・・・

英語でZhunshao E road, Sec 4なんて書いても無理。
ここは漢字で書いて渡すのが一番確実です。一発で通じると思います。

 

 メモ用紙に、交差する2つの通り名を紙に書いて渡す・・・

メモ用紙(筆談用手帳必携!)に下の図の例のように、十字に交差する2つの通り名を紙に書き、その交差点の4つの角のどこに行きたいのか印をつけて渡せば間違いなく伝わります。

もし行きたいところの店名や電話番号も分かれば書いておきましょう。
万一、運転手が知らない場所だったりしたら、電話して聞いてくれると思います。

台湾では普通はタクシーにチップを払う習慣はありませんが、分かりにくい場所だったり、運転手が電話して聞いてくれたりした場合には、降りる時に、料金をメーターよりちょっと多目に出すか、出したお釣りを受け取らずに、チップ(小費)にすると喜ばれますよ。

その時には、「麻煩你了(マァーファ ニィーラ) 謝謝(シエシエ)」と言うといいと思います。「お世話様、ありがとう。」くらいの意味です。

※台湾では、2017年7月1日から、車両のドア開閉に関する新制度が開始されました。

1.道路交通管理処罰条例第56条の1の規定により、原則として、停車後に車両のドア開閉により交通事故を発生させた場合、車両の運転者に1,200~3,600台湾元の罰金が課されることになりました。

2.ただし、タクシーやレンタカー付随の運転手が告知義務を履行したにもかかわらず、乗客が車両のドア開閉により交通事故を起こした場合は、乗客が処罰されることになります。
(※車内には告知ステッカーが貼っていると思います。従って、この場合は常客が処罰されることになります。)

 
 

【広告】台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!
利用制限なし 早割10%off実施中

台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ
 
モバイルバッテリーはANKER!

 

 

【広告】当ブログで主に使っているホテル予約サイト

トリバゴ:国内&海外ホテル予約  
Booking.com:世界のホテル割引予約

トリップアドバイザー:世界最大の旅行口コミサイト
エクスペディア:海外の厳選ホテル
Kaligo.com:550,000件のホテル 魅力的な 特典
Hotels.com:世界最大手オンライン宿泊予約サイト
アゴダ:世界中の宿泊施設を大幅割引で提供

参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利 

コメント