台北のレンタサイクル3~バイクスペースへの自転車の駐輪禁止

8月1日から、バイク駐車場への自転車の駐輪が禁止になります

台北市では2017年8月1日から、モーターバイク用の駐車スペースに自転車を駐輪することが禁止されます。

市政府は、台北駅、士林夜市、光華商場、西門などの周辺でバイク駐車スペースの拡充と同時に自転車10,000台分の駐輪スペースを設置してきましたが、バイクのスペースに自転車を駐輪するものが多く、バイク運転者から苦情が出ていました。

2017年8月1日以降、バイク駐車スペースに違法に駐輪している自転車は撤去されます。

2017/8/01からバイク駐車場所への駐輪禁止(英語)

台北に旅行に行かれる方で、YouBikeやoBikeを借りる予定の方は、ご注意ください。

自転車の歩道走行規制 (2017年7月17日~)

台北市では、YouBike利用車の増加により、歩道をスピードを出して走ったり、アーケード下の歩行者専用の場所を走ったり、歩行者に危害を与える恐れがあるので、自転車のマナーや規則を守るキャンペーンを始める。

台北市警察局では、(自転車専用)道路が整備されている信義路、仁愛路、南京東路、松江路…等でのアーケード走行の取締りや、専用道がない場合は歩行者優先で走行するよう指導を始めた。

自転車専用道がある場合は、専用道を走らなければなりません。

歩行者と自転車が共用の歩道では、歩行者優先で走行します。(左) 建物軒下のアーケードは、自転車を含む車両は通行出来ません。(右)

【広告】旅先でのケガ、病気、盗難等に、クレジットカードをうまく使おう。

台北でレンタルバイクを移動手段として使うのは非常に便利だと思います。
高低差が殆どないフラットな土地で、しかもコンパクトにまとまっていますから。

但し交通安全だけには、くれぐれも注意してください。
自動車やバイクの運転手が「停まってくれるだろう」「譲ってくれるだろう」とは、夢にも思わないようにした方がいいと思います。

万が一のときのために海外旅行傷害保険が付帯したクレジットカードを用意しておきましょう。

ぜひ、海外旅行に持っていくべきお薦めのクレジットカードをご覧ください。

参考情報:旅行中のケガ・病気はクレジットカードの傷害補償をうまく使おう! の投稿も併せてご覧ください。