LCC格安航空会社の 料金体系、機内持ち込みサイズ、いろいろまとめ…

LCC(格安航空会社)の料金、手数料等のまとめ・・・

LCC(格安航空会社)5社のホームページから、料金体系、機内持ち込み手荷物、手数料等の項目に関連する部分をまとめましたので、是非ごらんください。

LCC5社ロゴ.JPG

 

LCC(格安航空会社)の料金体系はどうなっているかな・・・

LCC(格安航空会社)の料金設定は、各社大体2つ~3つのクラスに別れています。
「価格優先」で「機内持ち込み手荷物のみ」「荷物は預けない」料金、
「荷物が多いので預ける」「無料ミール(軽食)付き」「座席指定無料」等の料金、
「ビジネスクラス」料金

各社により、無料で機内に持ち込める重量などに差がありますので、一度ごらんになってください。

スクート  ・バニラエア  ・ジェットスター  ・ピーチエア  ・タイガーエア

 

機内に無料で持ち込める手荷物のサイズなどです。

機内持ち込み出来る手荷物についてのLCC各社の規定です。
bagのサイズや重量がオーバーしたりすると、機内持ち込みを断られて
有料で預けることになりますのでご注意ください。

機内に無料持ち込み出来る手荷物の個数・サイズなど

 サイズ・重量
の上限
H(cm) W(cm) D(cm) 3辺合計(cm) 持ち込める個数 持ち込める重量(Kg)
スクート 54 38 23 115 2 10
バニラエア 55 40 25 115 2 7
Jet Star 56 36 23 2 7
ピーチエア 50 40 25 115 2 10
タイガーエア 54 38 23 2 10

上記以外に預ける荷物の個数や重量オーバーした場合などは、別料金が発生します。

LCCの場合、空港カウンターで預ける荷物の重量の追加を申し込むと、重量超過料金以外にカウンター手続き手数料が取られる場合があります。

前日にでもインターネットで重量の追加予約を申し込んだ方がお得になります。詳しくは、各社のサイトで確認ください。

座席指定、受託荷物等いろいろな手数料について

LCC(格安航空会社)は、座席指定、手荷物を預ける場合など有料のものがあります。
その手数料も各社により違います。

スクート(英語) ・バニラエア ・ジェットスター ・ピーチエア ・タイガーエア

機内食、飲みものなど・・・

各社、軽食の機内食を有料で事前に予約出来ます。もちろん機内でも注文できます。
スクート、タイガーエアなどエスニック風の料理でちょっと珍しいかもしれません。

スクート ・バニラエア  ・ジェットスター  ・ピーチエア  ・タイガーエア

機内食.JPG

 

機内販売もあります・・・

機内販売、免税品の販売もあります。航空券が安い分を、機内販売などで売上を増やしたいということがあると思います。 バニラエアは免税品の販売は中止しています。
ピーチエアについては、機内販売についての記述がありませんでした。

スクート  ・バニラエア  ・ジェットスター  ・ピーチエア  ・タイガーエア

  
【広告】日本の携帯電話、LINEもメールもそのまま使える
  データ利用無制限の「台湾DATA」をオススメしています

台湾DATAは「台湾のNTT」最大手通信会社「中華電信社」の人気Wi-Fiルータ。
しかも、気になるデータ利用制限は一切なし!
超高速4G LTEのWi-Fiを台湾全土で広く、速くご利用いただけます。

10台まで同時に接続OKだから、グループみんなで使える!
重さもわずか75gと軽量なので持ち運びにとても便利なWi-Fiルーターです。
受け取りは自宅や空港へ無料でお届け。返却も帰国後無料でポスト投函だから超カンタン!

【広告】【台湾専用4G無制限レンタルWi-Fiルーター<<台湾DATA>>】
1日の定額通信料が590円

【広告】当ブログで主に使っているホテル予約サイト

トリバゴ:国内&海外ホテル予約  
Booking.com:世界のホテル割引予約 

トリップアドバイザー:世界最大の旅行口コミサイト 
エクスペディア:海外の厳選ホテル
Kaligo.com:550,000件のホテル 魅力的な 特典
Hotels.com:世界最大手オンライン宿泊予約サイト

アゴダ:世界中の宿泊施設を大幅割引で提供

参考情報:持っていくといろいろ便利な旅行用品