悠遊カード ~ MRT、バス、鉄道、コンビニ。どこでも使える便利なカード

スポンサーリンク
国内旅行から海外旅行までホテル探しは、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ
トリバゴ
スポンサーリンク
「Amazonフレッシュ」の30日間無料体験に登録で初回購入¥2000Off!
スポンサーリンク

悠遊カード。 マルチに使えるICカード

悠遊カードは、日本のSUICAやICOCA、PASMOのように台北、桃園、高雄のMRT(地下鉄)、バス、鉄道、コンビニその他いろいろな商店で使えるICカードです。

悠々カード.jpg (写真)
MRT(地下鉄)に乗るときに悠遊カードで払うと、MRTの料金が20%引きになります。バスでも使えます。台北のバスはお釣りが出ないので、バス代15元を払うのにいつも小銭が必要ですが、悠遊カードがあると小銭がいらないのでとても便利です。それに、MRTから一時間以内にバスに乗り換えると、バス料金も8元値引きされます。コンビニでの買い物やスタバなどでも使えますので、ぜひ1枚持っておくとよいと思います。
 

悠遊カードの入手方法。コンビニで買うのが便利・・・

悠遊カードは、MRTの駅やコンビニなどで簡単に買えます。
台北の空港に到着したら、空港のコンビニで、

・「悠遊卡,1張!(悠遊カード1枚!)」
悠遊卡の発音は「ようようかー」で通じます。1張の発音は「いいジャン」です。
指一本出して言うと、絶対に通じます。(笑)  値段は100元です。
ようようかー、指1-1.jpgいいジャン! 「悠遊カード、1枚!」

チャージしないと使えないので、その場でチャージしてもらいます。レジで、中国語で何か言われると思います。多分、いくらチャージするのかを聞いています。

・「加値 400元」(チャージ 400元!)発音は、日本語読みで「ちあじー」又は「ちゃーじー」でも何とか通じると思います。
・400元は、指4本出して「指1-4.jpgすーばい」です。
・300元なら、指3本で「指1-3.jpgさんばい」、
・200元は指2本で「指1-2.jpgりゃんばい」です。)
ちあじー、指1-4.jpgすーばい! 「チャージ、400元!」
悠遊カード代100元と合わせて500元払います。

悠遊コンビニチャージ.jpg

左がHi-Life、右は7-11のレシートです。漢字ばかりで分かりにくいですが、「加値前」「加値後」で判断してください。

どんな割引があるか?

最初のチャージ額は、400元でいいと思います。桃園空港へのMRT往復で160元X2=320元かかりますし、台北市内でMRT4~5回乗ったり、コンビニで飲み物買ったりしたら、チャージ額すぐなくなりますからね。

街中で、残額が少なくなった時は、コンビニで悠遊カードを見せながら、「ちあじー、〇〇ばい」と言えばチャージしてくれます。(指を出すのを忘れずに!)

悠遊カードを使うメリットで大きいものは、交通機関が割引になることです。

桃園空港のMRTの割引はありませんが、台北市内のMRTは料金が20%引きです。
MRTから1時間以内にバスに乗り換えると、バス料金が8元割引きになります。
台鉄には、自強号は70km以内、呂*光号、その他列車は全区間乗車料金が、普通区間車料金の10%引きになります。(*艹に呂)
但し普悠瑪号、太魯閣号、その他特別列車には乗車できません。

MRTやバスを1日3~4回ずつ乗ると、割引額も40元くらいにはなりますから、台湾に3日位いると割引額も、悠遊カード代100元近くなるか、少なくとも100元払っても「まッ、いいかぁ」くらいの感じにはなると思います。

悠遊カードの使用方法・・・

使い方は、日本と同じで悠遊カードをセンサーのところにタッチします。

(写真) 悠遊カードをタッチするセンサー
MRTや鉄道などで使用するときは、乗車時と下車時に
赤丸のところに悠遊カードをタッチします。

市内バスで使うときには、ちょっと注意が必要です。

台北の市内バスには、乗るとき(上車)に払う(収費)路線と降りるとき(下車)に払う(収費)路線があります。

市内バスの定額区間は、乗車時か下車時かどちらかで1回タッチすればOKです。
市内から郊外に行く路線では、ある特定のバス停を越えて乗車すると2区間分の料金を払うことになります。

この場合は、最初の区間は上車収費、2区間目が下車収費となっていて、乗車時、下車時ともに悠遊カードをタッチして2区間分を支払います。

高速バスなども、乗車時、下車時に悠遊カードをタッチして支払います。

悠遊カード使い方2.JPG (写真)
台北の市内バスには、乗るときに払う(上車収費)ものと降りる時に払う(下車収費)があります。乗車口の上の方に、写真のように表示がありますので
それにしたがって、悠遊カードをタッチします。

あと、要注意なのが平渓線などのローカル線の無人駅で、乗り降りのどちらかでタッチを忘れると、悠遊カードに「乗車記録」がないので帰りに台北に戻ってきて改札でトラブルかもしれません。

悠遊カードの解約・・・

悠遊カードには有効期限がないので、もし、もう二度と台湾に来ないと決めたのでなければ、そのまま持っていれば、また台北に来た時に使えます。

但し、2年間使用しないとロックがかかります。
その場合は100元以上チャージするとまた使用できるようになります。
(※「最終チャージ後2年たつとロックがかかる仕組みは最近廃止されたようです」との情報をいただきました。kyon2さん、ありがとうございました。)

解約したい場合は、台北のMRTの各駅のインフォメーションカウンターで、解約払い戻しができます。

コンビニで購入した場合でも、コンビニでは払い戻しできません。
払い戻し額は、残金から20元を差し引いた額です。

但し、カードを5回以上使用かつカード購入後満3か月以上経過の場合や、購入後2日以内で未使用の場合は手数料は不要です。

【広告】世界利用者数No1のオンライン旅行会社エクスペディアで、国内・海外のホテル・ツアーを安く利用。

参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利 

コメント

  1. kyon2 より:

    悠遊カードで地下鉄に乗車するときの割引率ですが・・・
    ■台北捷運→20%割引
    ■桃園(機場)捷運→割引無し
    ■高雄捷運→15%割引
    セコい話しになりますが、二泊三日ぐらいの短い旅ですと、カード価格100元のもとは取れないかもしれません。

    なお、最終チャージ後2年たつとロックがかかる仕組みは最近廃止されたようです。
    知り合いに、余っていた数年前に入手した悠遊カードを差し上げたら、そのまま使えたと報告を受けました。

    • kyon2さん、
      当ブログを、お読みいただきありがとうございました。
      また、情報もありがとうございました。
      情報の更新、補足を致しましたのでお時間のある時にでもご確認ください。
      今後も、いろいろ教えていただければありがたく思います。