タイトル下検索
カスタム検索

データローミング、モバイルルーター ~台北でスマホを使う2

スポンサーリンク
生鮮品や専門店グルメから日用品まで、必要なものが1か所でお得に揃う会員制サービス。東京・神奈川・千葉の方、30日間無料で「Amazonフレッシュ」を体験して下さい!
スポンサーリンク
国内旅行から海外旅行までホテル探しは、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ
trivago
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の携帯電話会社のデータローミングを使う?

お金のことはを気にしない、面倒くさいのは嫌いなら、一番簡単なのはデータローミングをすることです。

docomo、au、softbankの3社共に、台湾の電話会社と提携していて、データローミングをオンにしていれば、提携先の台湾の電話会社の回線を借りて日本と同じようにデータ通信が可能です。


つまり、台湾の提携電話会社経由で日本に国際電話をかけて、メールやLINE、メッセンジャー、SMSをするのと同じということですね。

料金は各社共通で一日最大¥2980(海外パケ・ホーダイ)です。(通話は別料金です。また、データ従量制の料金プランの方は、使っただけ料金青天井ですのでご注意ください。)

各社のサイトをごらんください。
NTTドコモ海外パケ・ホーダイ
AU海外ダブル定額
SoftBank海外パケットし放題

この方法のいいところは、日本の携帯がそのまま使えることと、WiFiと違って移動しながらでも途切れずに通信ができることです。

デメリットは何といっても、その料金の高さです。海外パケホーダイで1日で最大¥2980、3日間で¥8940もかかってしまいます。

データローミングは、多くの海外旅行ブログでは「やってはいけないこと」「オフにしておくこと」になっています。(笑) やはり、費用が高いことが理由ですね。
これでは、せっかくLCC使って費用を抑えようとしたのに台無しですね。

海外1Dayパケ(ドコモ)、世界データ定額(AU) 

台湾であれば、\980で使用開始から24時間、ご自分のドコモやAUのスマホが使用出来るプランです。
ドコモは、キャンペーンで実質データ量無制限になっていますし、AUは日本でのデータ使用可能量から使用したデータ量が引かれるようになっています。

詳しくはこちらからどうぞ。
海外1Dayパケ(ドコモ)   世界データ定額(AU)

台湾でモバイルルーターを使う 

日本から、レンタルのモバイルルーターを持って行って使う方法があります。

モバイルルーターとは何かというと、iTaiwanの無料WiFiの説明で、あちこちにインターネットのWiFiスポット(基地局)のようなものが設置されているという説明をしましたが、そのWiFiスポット(基地局)を自分で持って回ろうという発想です。

モバイルルーターは、大体タバコの箱位の大きさですがバッグにでも入れて持って回れば、あちこちにある携帯電話会社の基地局と通信することが出来ます。
バスや、タクシー、列車に乗っていても使用出来ます。

1台のモバイルルーターに4-5台のスマホやタブレットを接続できますから、グループで使用すれば割安になります。ただし、モバイルルーターとあなたのスマホの間はせいぜい3~4mまでしか届かないので、グループで使用する場合に、離れ離れになると通信できません。

レンタルモバイルルーターの各社のプラン価格比較

価格.COMで各社のプランを比較した一覧表がありましたのでごらんください。
価格.com~台湾のWi-Fiレンタル比較に飛びます。

各社、成田空港で受取り・返却、レンタル期間は3日館、データ料は500MB、速度は4G、保険は全額補償付きで比較しています。

1. Wi-Ho(ワイホー) 
  業界最多の約170エリアで大容量対応!

2. イモトのwifi
  ご存知テレビCMで有名なモバイルルーターです。
  価格もこの5社の中では、2番めに安いです。

3. グローバルWiFi
   ここから(価格.com)経由で申し込むと、受け渡し手数料の\500が無料になります。

4. フォートラベルGLOBAL WiFi
  モバイルルーターの会社は3.のグローバルWiFiと同じですが、
 レンタル費用が1日当たり¥10安くなっています。

5. 台湾DATA
  データ量は500MBではなくて唯一「無制限」です。

レンタル費用もキャンペーンで1日当たり¥100安くなっているので、実際は¥690ではなくて¥590です。この5社では最安値となっています。
早割1ヶ月前に申し込むと、定額通信料が10%引きになります。

 

この中では、私個人的には台湾Dataを選びます。
利用可能データが無制限なので、画像のデータやり取りも気を使う必要がありません。
LINEやMessengerのビデオ通話なども気兼ねなくできるのは、大きなメリットだと思います。

 

【広告】日本の携帯電話、LINEもメールもそのまま使える「台湾DATA」

台湾DATAは「台湾のNTT」最大手通信会社「中華電信社」の人気Wi-Fiルータ。
しかも、気になるデータ利用制限は一切なし!
超高速4G LTEのWi-Fiを台湾全土で広く、速くご利用いただけます。

※ただ今「台湾キャンペーン」実施中!
通常690円(1日)の定額通信料が、590円(1日)でOK。
10台まで同時に接続OKだから、グループみんなで使える!

重さもわずか75gと軽量なので持ち運びにとても便利なWi-Fiルーターです。
受け取りは自宅や空港へ無料でお届け。返却も帰国後無料でポスト投函だから超カンタン!

【広告】【台湾専用4G無制限レンタルWi-Fiルーター<<台湾DATA>>】

通常690円(1日)の定額通信料が、590円(1日)でOK

 

コメント

  1. kyon2 より:

    こんばんは。

    保険も掛けるとWi-Fiルータレンタル料金って、けっこう高くなるんですね。
    docomoとauが、台湾での1日あたりデータローミング料金が、2,980円→980円になる割引を行っていますから、借りて返却する手間暇を考慮すると、レンタルの魅力は薄れているような気がします。

    • MTChang(えむてぃーちゃん) より:

      kyon2さん、いつもありがとうございます。

      確かに保険掛けると、200~300円/日かかりますね。
       
      ドコモの「海外1Dayパケ(¥980/24時間)」は、データ制限が30MB/日と思っていましたが、9月末までキャンペーンやっていたんですね。
      AUの「世界データ定額(¥980/24時間)」のやり方も、日本での自分の契約データ容量から引き落とされるというのも面倒がなくていいですね。

      1日¥980でしたら、一人旅で2泊3日の場合は現地のフリーWIFI(iTaiwanなど)とうまく組み合わせて、「海外1Dayパケ」や「世界データ定額」を1-2日目、2-3日目と24時間X2回で申し込めば、ルーターを3日間レンタルするより安上がりになりそうですね。キャンペーンが延長になるといいですね。

      但し、モバイルルーターは2人以上のグループで旅行する場合には、レンタル料をグループでコストシェアすれば安上がりになりますね。
      これで、モバイルルーター側も刺激を受けて価格が下がればいいですね(笑)

  2. kyon2 より:

    こんばんは。

    docomoは期間延長を繰り返して1年以上このキャンペーンを実施しています。
    auは手法を換えてこのサービスに追随した感じです。
    両社ともテザリング対応していますから、グループ旅行の場合は一人だけ契約する手があります。レンタルWi-Fiルータを1台借りるのと同じ効果を発揮。

    もっとも、海外旅行傷害保険会社のQ&Aによると、正規レンタル品の紛失盗難については賠償責任保険で担保されるそうですから、レンタル会社の保険にも加入するのは、場合によっては無駄な出費かもしれません。
    この分レンタル費用が下がると、コストパフォーマンス比較の条件が変わってきますね。

    余談ですが、台湾用Wi-Fiルータレンタル料については、これがいちばん安いのではないかと思います。
    https://www.ivideo.com.tw/japanese/wifi/48902

    • MTChang(えむてぃーちゃん) より:

      個人的には、自分のスマホでグループメンバーがテザリングするのには心理的抵抗感があります。(笑)
      iVideoについては、私も最安値だと思いました。台湾の空港での受取り、返却も便利かなと思います。
      ただ、使った方の評価、口コミがほとんどなかったので、ちょっと紹介を見送った経緯があります。

  3. kyon2 より:

    もうひとつ余談ですが・・・

    8/23~8/29の旅行で高鐵に3回乗車したのですが、車内に「iTaiwan」のシールが掲示されていました。
    8/16から南港~新竹間でサービスが開始されたのだそうです。
    さっそくTaipei-freeのIDとパスワードでログインして利用させてもらいました。
    (面倒なのでiTaiwanのIDは取得していません。Taipei-freeのIDは無期限で利用できますし)
    おそらく年内には全区間で利用できるようになると思われます。