クレジットカード付帯の海外旅行傷害保険

クレジットカードにも、海外旅行傷害保険がついている

海外旅行に行く時には、ちょっと考えておいたほうがいいのは何かあったときにはどうするか?ということですよね。
わざわざお金を払って空港で海外旅行保険に入る方もいると思います。

もしかしたら、あなたが持っているクレジットカードで同じような補償が受けられるかもしれません。

すぐにお持ちのクレジットカードに海外旅行傷害補償がついているか、いくらの補償があるかをカード会社のホームページに説明があると思いますので、確認してみてください。
加入しているクレジットカードの種類によっては、海外旅行傷害補償の付いてないものもあります。

傷害死亡・後遺傷害補償より、病気、ケガの治療費補償限度を増やそう

「私のクレジットカードは、傷害死亡の最高補償額5000万円あるから大丈夫」という方がいらっしゃいますが、「ちょっと待った!」ですね。

傷害死亡補償額は上限5000万円と高くても、病気やケガの補償が50万円しかないような内容であれば、補償額が十分とは言えません。

死亡補償が高いのにケガ病気の治療費の限度額が低いのは、海外旅行中に死亡する確率より、ケガ病気で治療を受ける確率の方が高いので、保険会社が治療費限度額を低く設定しているためです。

病気やケガの補償額は、少なくても300万円以上になるように考えましょう。海外旅行中に、ちょっと大きなケガをしたり病気になって病院で治療を受けた場合には、それくらいの額がないと補償が不足するからです。

 参考資料:旅行中のケガ・病気の費用と海外旅行保険

クレジットカードの複数保有で補償限度額が合算される!

複数のクレジットカードを持っていると、ケガや病気に対する補償限度が、それぞれのクレジットカードの補償額を合計した額までに増えます。

つまり、病気やケガの治療費補償限度が150万円のクレジットカードを2種類持っているとすると、合計して300万円まで補償限度額が増えます。

その他の項目の補償限度額もそれぞれ合算した金額になります。
但し、傷害死亡・後遺障害補償は、お持ちのカードの中の最高の金額が補償限度になります。

現在お持ちのクレジットカードの補償額はいくらでしたか?
不十分であれば、クレジットカードを別に追加して所有することを検討された方が良いと思います。

その場合は、年会費無料のクレジットカードを追加することを考えて選ばれたら良いと思います。

なお、海外旅行傷害保険では、病気による死亡は補償の対象外です。全ての費用が補償されるわけではありませんので、カード会社の説明をご確認ください。

 

私が持っているクレジットカード

現在私が所有しているのは、EPOSカード楽天カードセゾン・ AMEXブルー 、ANA VISAゴールドカードです。

EPOSカード楽天カードの補償額は年会費は無料にしては非常にいいと思います。

セゾンAMEXブルーは初年度年会費無料で、ANA VISAゴールドを上回りそうな補償額です。
傷害死亡/後遺障害は、最高額のものが上限補償額になりますが、他の項目は合算した額が1回あたりの補償の上限となります。

とりあえず、私の場合は万一の時にはカード4枚でケガ治療費850万円、病気治療費920万円、救援者費用(家族呼寄せ、日本への搬送等)600万円までが補償されます。

これだけあれば、アメリカ以外なら万が一「ICU(集中治療室)で治療後、家族を現地に呼び寄せて、医師看護師付添いで日本へ搬送」のようなことがあっても大丈夫だろうと思っています。

自動付帯と利用付帯

補償の条件として、自動付帯というのと利用付帯というのがあります。

自動付帯は、そのクレジットカードを所有しているだけで補償が適用になります。

上の例で言うと、EPOSカード、セゾンAMEXブルーとANA VISAゴールドがそうです。
EPOSカードは、年会費無料にもかかわらず、傷害死亡/後遺障害は500万円ですが、ケガ200万円、病気270万円、賠償責任2000万円までの補償が受けられます。

これは、年会費有料の一般クレジットカードに決して劣らないどころかそれ以上のレベルです。

利用付帯は、そのクレジットカードで、自宅から空港までの公共交通機関の費用、旅行の航空券、パックツアー料金費用の全部または一部を支払うと補償対象になるものです。

現地に到着してから、使ったのではダメなのでご注意ください。
ホテル代の支払や自家用車で送ってもらった時のガソリン代や高速代などもダメです。
自宅から最寄り駅までのタクシー料金支払いは利用付帯の対象になります。

楽天カードは利用付帯ですので出国する前までに、
・自宅から空港までのタクシー、バス、電車などの公共交通機関料金、
・飛行機の航空券やパックツアー代金の全部または一部を
1円以上支払っておく必要があります。私は、自宅から最寄りの私鉄駅までワンメーターですがタクシーに乗って、楽天カードで支払うようにしています。

楽天カードも年会費無料ながら、傷害死亡/後遺障害は2000万円、ケガ200万円、病気200万円、賠償責任2000万円救援者費用200万円までと、ゴールドカードも顔負けな補償が受けられます。

参考資料:楽天カードの海外旅行傷害保険(利用付帯)

EPOSカード楽天カードは、年会費無料なのにこんなに優秀なカードです。
海外旅行に行くなら、是非お手持ちのカードに加えて置くことをオススメします。

【台湾初めての人は、ここからどうぞ!】に戻る

【広告】当ブログで主に使っているホテル予約サイト

トリバゴ:国内&海外ホテル予約  
Booking.com:世界のホテル割引予約

トリップアドバイザー:世界最大の旅行口コミサイト
エクスペディア:海外の厳選ホテル
Kaligo.com:550,000件のホテル 魅力的な 特典
Hotels.com:世界最大手オンライン宿泊予約サイト
アゴダ:世界中の宿泊施設を大幅割引で提供

参考情報:旅行に持っていくといろいろ便利な旅行用品