京劇「孫悟空」を見る~これは面白い!~ 台北EYE

台北で京劇を見てみよう!これは面白い。

台湾にも京劇や人形劇が何種類かあって、公演も行われているようですが、観光客向けに京劇の面白いところのエッセンスをまとめて見せてくれるのが、台北EYEです。

エッセンスだからと言って、手抜きではなく、本物の役者が本物の演技を見せてくれます。
また、開演前には、ロビーで舞台化粧をしているところを見せてくれたり、終了後には気軽に記念撮影に応じてくれたり、とても楽しめる時間です。

台北EYE
開演前にロビーで舞台化粧をしているところが見られます。金鼻鼠精の手下の鼠の化粧です。

台北EYE6.JPG
終了後に出演者と一緒に記念写真を撮らせてくれます。猪八戒(右)と沙悟浄(左)です。

演目は、日によって変わります。

公演は、月・水・金曜日が 20:00開演(上演時間約60分)550元、
土曜日は、20:00開演(上演時間約90分)880元

公演中の写真撮影はOK(フラッシュ禁止)ですが、ビデオ撮影や録音は禁止です。
俳優の眼にフラッシュの光が入ると、演技の妨げになります。必ずフラッシュはオフにしておきましょう。

台北EYE,金鼻鼠精,無底洞
演目:西遊記から「無底洞」

洞穴に住む金鼻玉鼠精(ネズミの精)(後列中央)が、不老長寿を得ようと三蔵法師をとらえる。
孫悟空、猪八戒、沙悟浄は三蔵法師を取り返そうと、洞穴に入って行き金鼻玉鼠精と戦うが敗れる。そこで相手がネズミならと、猫神の力を借りて再び戦う。
 

極めのポーズをしたときは、拍手を忘れずに!

劇中の見せ場で、日本の歌舞伎と同じように、役者が極めのポーズをする場面があります。
是非、拍手をしてあげてください。

台北EYE,金鼻鼠精
金鼻玉鼠精が、孫悟空の応援に来た猫神の手下と戦っているところです。
四方から槍で攻め立てる猫神の手下たちを、金鼻玉鼠精が、簡単にあしらって極めのポーズをする場面です。

劇中の一番の見せ場だと思います。
YouTubeに、ちょうどこの場面がありましたので紹介します。ごらんください。

金鼻玉鼠精と猫神の手下の戦い YouTubeへ飛びます。

台北EYE,孫悟空
孫悟空の戦いの訓練の様子。アクロバット的な動きが見ものと思います。
 

日本からWEBで予約しておきましょう。

私は、日本から予約をしていきました。
当日券もありますが、結構人が来るのでギリギリに来た人は入場券を買えなかったようでした。なるべく予約をしておいたほうが良いと思います。

ベルトラで「台北戯棚(EYE)」を予約する。

公演プログラムは、ここで確認できます。

【タイペイアイ春季演出《龍宮暴れ》】

【タイペイアイ春季演出《龍宮暴れ》】孫悟空と一緒に冒険しましょう!主演:台北新劇団. 水簾洞に花果山の猿王である孫悟空は兵士たちの稽古をやっています。自分にふさわしい兵器を手に入れたいために、東海の龍宮へ侵入し、龍王に借ろうとした。龍王は最初に普通の兵器でごまかすつもりでしたが、孫悟空は次々と試して、気に入らなかった。最後はやっと鎮海の宝器-定海神針を借りてもらった。重さは一万三千五百斤という、縮めさせ、使い心地のいい「如意金箍棒」(にょいきんこぼう)になりました。そのあと、龍王は悟空に神針を返してもらうと要求し、断られた。激しい戦を経ち、最後、龍王は悟空に敗北した。.【台北戯棚】プログラム4/22-6/2◎金 20:00-21:00 入場料金:550元台北新劇団《龍宮暴れ》◎土 20:00-21:30 入場料金:880元追加公演台湾特技団《百戯剪影》、廷威獅子舞劇団《獅子舞》(5/7~)チケットオンレイン予約 http://www.taipeieye.com/

TaipeiEYE臺北戲棚さんの投稿 2016年4月25日(月)

観劇の後に、軽く食事でも・・・大和寿司

観劇の後に、一緒に見た方と劇の批評でもしながら、軽く寿司でもつまむのも楽しいものです。
大和寿司は、台北EYEから錦州街を100mほど行ったところにあり、手軽な価格で食べられる日本料理店です。私も駐在員時代に、よく行っていた店です。

参考情報: 大和寿司(大和日本料理餐庁)

【広告】当ブログで主に利用しているホテル予約サイト

トリバゴ:国内&海外ホテル予約 
Booking.com:世界のホテル割引予約
トリップアドバイザー:世界最大の旅行口コミサイト
エクスペディア:海外の厳選ホテル
Kaligo.com: Kaligo.com
Hotels.com:世界最大手オンライン宿泊予約サイト


参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利