2018年 台湾の祝日カレンダー(旧暦の催事付き)

2018年の台湾の祝日のカレンダーです。 洋数字の下の小さい漢数字は、旧暦(台湾では農暦と言います)の月日です。 台湾や中国、香港、シンガポール等中国系の人が多い地域では旧暦の催事や習わしを行うところが多いです。 旅行の計画立案の参考になると思います。
「中華民国107年」というのは、民国歴といって台湾で使われているもので、1911年に中華民国が建国されて107年という意味です。ですから、民国歴に1911を足すと西暦になります。
(107+1911=2018)

スポンサーリンク
国内旅行から海外旅行までホテル探しは、世界最大のホテル料金比較サイト「トリバゴ」へ
トリバゴ
スポンサーリンク
「Amazonフレッシュ」の30日間無料体験に登録で初回購入¥2000Off!
スポンサーリンク

春節(旧正月)は2月16日(金)

2018年の春節(旧正月)は2月16日(金)です。

台湾では、2月15日(木)(除夕=大晦日)から2月20日(火)までが春節の休暇となります。
春節は、中国系の人にとって年間で最も大切なお祝いですから、商店などもお休みで閉めることが多いです。タクシーも正月料金で割増になります。

なお、この春節は中国や香港シンガポールでも同じ日ですから、この時期はどこの国でも台湾と同様に交通機関が大混雑したり、店舗が休みで閉店していたりすることが多いです。

※写真の「福」の時が逆さまなのは、福が「倒れている」の「倒」の字と、福が「到る(来た)」の「到」の字の発音が同じなので、「福倒(ふぅだお)福が倒れる」=「福到(ふぅだお)福が来た」としゃれているためです。

228和平記念日(2月28日)

1947年2月28日、中国国民党の施政下で一人の台湾人が官憲に射殺されたことから、大勢の台湾人民衆が役所に抗議に集まり、官憲側がそれを弾圧して多くの台湾人が殺害されました。
やがて騒動は台湾全島に広がり、台湾人犠牲者の数は、台湾行政院の推定で2万人~3万人だそうです。
228和平記念日は二度と同じような事件が起きないようにと制定された記念日です。
参考情報:台湾総統府を見学

元宵節(げんしょうせつ=ゆえんしゃおじえ)、ランタン祭り 3月2日(金)

旧暦1月15日は元宵節です。日本で言う「小正月」です。2018年は3月2日(金)です。
この日には白玉で餡をくるんで煮たような食べ物「元宵」(湯圓とも言う)を食べる習わしがあります。


また、元宵節には、台湾各地でランタンを飛ばすランタン祭りも行われます。
有名な十分の天燈(ランタン)揚げも、この日に行われますのでこの時期に台湾に行かれる方はぜひ予定に入れると良いと思います。
参考情報:天燈(ランタン)揚げ ~ 平渓・十分

2018台湾ランタンフェスティバル(3月2日~11日)

2018年の台湾ランタンフェスティバルは、台湾中部の嘉義市で行われます。
詳細はこちら(中国語):2018嘉義燈会(ランタンフェスティバル)

清明節(せいめいせつ=ちんみんじえ)4月5日(木)

4月5日(木)は、清明節と言いこの日は先祖の墓掃除、お参りをする日です。
前日の4月4日(水)児童節(こどもの日)から8日(日)までが連休になります。
この時には沢山の人が帰省するので、交通機関が大混雑、高速道路も大渋滞します。
旅行するなら、この時期は外した方が良いかもしれません。

端午節 6月18日(月)(旧暦5月5日)

この日は、台湾のあちこちでドラゴンボートレースが行われます。
台北でも、基隆川でレースが行われ各企業等のチームも参加して盛り上がります。

出典:朝日新聞

家庭ではちまきを作って食べたりするようです。その理由は、旧暦の5月5日、「楚」の詩人・屈原が国を憂えて、汨羅(べきら)という川に身を投じ、彼を慕う民衆が、屈原の遺体が魚に食べられないように、川に粽(ちまき)をまいたので、この日には家庭でも粽を食べるようになったと言われています。

双十節(国慶節)10月10日(水)

台湾の建国記念日です。十が重なるので双十節と言います。
この時期は、10月1日の中国の国慶節と併せて両国を移動する華僑が多いと言われています。
飛行機のチケットやホテルの予約なども取りにくくなるかもしれません。

台湾では多分問題ないとおもいますが、台北に駐在していた時に会社の台湾人の同僚からこの日には余り外出しないほうが良いとアドバイスされました。
愛国心が高まる日でもあり、酒に酔った大陸系台湾人が日本人とわかると絡むかもしれないからと言う理由でした。
こんなところにも、台湾の少し複雑な状況を垣間見ることが出来ます。
参考情報:本省人、外省人、原住民~台湾人のグループ

【広告】世界利用者数No1のオンライン旅行会社エクスペディアで、国内・海外のホテル・ツアーを安く利用。

参考情報:旅行用品、持っていくといろいろ便利